第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ資料ダウンロード

By: Embarcadero Japan

Abstract: 2015年5月19日、21日に開催されたデベロッパーキャンプのセッション資料をダウンロードいただけます。

In This Article

第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ - セッション資料

     
時間 Room F Room E
10:00~10:45

【G1】ケーススタディセッション

ユーザーショーケース「C++Builderを用いたマルチOS対応一般コンシューマ向けスマートフォンアプリ開発事例」

今春、カシオ計算機が発売したスマートフォンアプリ「撮ってキャラスタジオ」のC++Builderでの開発事例をお話します。具体的には、本アプリのソフトウェア論理構造をざっくりとお話しし、各モジュールをC++Builderで開発する上でよかったこと、苦労したことなどを話題にしたいと思います。また、iOS/Android固有のTipsなども織り込んでいければと思います。

カシオ計算機株式会社
コンシューマ事業部 企画部 第一企画室 園城 浩行

プレゼンテーション資料:

11:00~12:20

【G2】ジェネラルセッション

「IoT時代のマルチデバイス開発環境」

2015年4月にリリースされた新バージョンRAD Studio XE8は、真のマルチデバイス開発を実現する強力な新機能に加え、IoT、クラウドを活用するためのコンポーネントレベルでのサポートが搭載されています。これらの新機能がもたらす新しいマルチデバイス開発とは?Delphi書籍のベストセラー作家でもある製品担当マネージャ自らが、その概要を語ります。

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当マネージャ マルコ・カントゥ

プレゼンテーション資料:

13:30~14:30

【F3】テクニカルセッション

「業務システムにモバイルを!実践エンタープライズモバイル開発プロジェクト」

昨年ぐらいから、多くの企業で業務システム向けのモバイルアプリ開発が検討、実施され始めています。しかし、いざ実践しようとすると様々な困難に直面します。このセッションでは、企業向けのモバイル開発プロジェクトの正しい進め方を理解するために、計画段階、実装、テストのそれぞれの段階で、どのような課題が存在し、どのようにそれを克服していくべきかを考えます。RAD Studioを有効に活用するために、エンタープライズモバイル開発プロジェクト遂行のエッセンスを凝縮してお伝えします。

エンバカデロ・テクノロジーズ
シニア・セールスコンサルタント 伊賀 敏樹

プレゼンテーション資料:

【E3】Delphi/C++テクニカルセッション

「移行プロジェクトでもモバイル開発でも必須!今からでも間に合うデータモジュール活用法」

皆さんはデータモジュールを使っていますか?Delphi / C++Builderでは、フォームにペタペタとデータアクセスやロジックコンポーネントを貼り付けて、サクサクとアプリを作成できてしまうので、データモジュールなしでやっていけちゃいます。でも、多層、クラウド、モバイルなど、多様なシステム形態が存在する今、データモジュールが、ロジックとコードを切り分ける初めの一歩として再び重要になっています。このセッションでは、データモジュールの活用の仕方を、マルチデバイス開発と関連付けて、今風に再入門します。新規開発の方も既存アプリの改修の方も必見です 。

株式会社ドリームハイブ
代表取締役  山本 悟

プレゼンテーション資料:

14:45~15:45

【F4】Delphi/C++テクニカルセッション

「RAD Studio XE8 の新機能とその活用法」

RAD Studio XE8や最近のバージョンで搭載された新機能、言語機能などを活用しながら、多様なシステム構築の要求に応える方法を解説します。このセッションでは、ジェネラルセッションでの新製品概要紹介に続き、その技術詳細を語ります。

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当マネージャ マルコ・カントゥ

プレゼンテーション資料:

【E4】Delphi/C++テクニカルセッション

「今さら聞けない!? FireDAC入門 ~ オンメモリーデータベース編」

FireDACがDelphiに搭載されたのがXE4のとき。XE5で大幅な名称・ユニット名が変更され、Delphi/C++Builderでの中核のデータベースフレームワークとなりました。しかし、具体的な解説資料が少ないのが実情です。今回は、モバイル端末でも使える「オンメモリーデータベース」を題材に具体的な使用方法と注意点について解説します。

リンクス
代表 田中 芳起

プレゼンテーション資料:

サンプルコード:

16:00~17:00

【F5】Delphi/C++テクニカルセッション

「RAD Studioで始めるモバイル開発 ~ コンポーネントで簡単入門!勘所も押さえよう」

RAD Studioによるモバイルアプリケーション開発は非常に簡単です。FireMonkeyによってOS/ハードウェアレベルの処理が隠蔽されるためiOS/Android両対応のアプリケーションが同一コードで作成できます。しかし、その反面OSの理解が進まないというデメリットもあります 。しかも、iOS/Androidには特有の癖や仕様が存在するため、それらを知らないと罠に陥ってしまうかもしれません!そこで、このセッションでは、まずRAD Studioを使ったモバイルアプリケーションの開発について簡単に紹介したあと、iOS/AndroidというモバイルOS特有の仕様を解説し、モバイルアプリケーション開発で遭遇する疑問を解決する指針を紹介します。このセッションはDelphiをベースに解説しますが、C++開発者にも有効な内容です。

株式会社シリアルゲームズ
取締役 細川 淳

プレゼンテーション資料:

【E5】Delphiテクニカルセッション

「DelphiによるEnterpriseアプリケーション開発 ~ 当社パッケージの内部構造、開発方法ご紹介」

Enterpriseアプリケーションは長期にわたり使用されることが多いため、その長いライフサイクルの中で発生する様々な改修に対する保守性や、要員交代時の引き継ぎが課題となります。この課題に対応する具体的な実例を2006年から現在まで継続開発している当社パッケージを例にご説明いたします。Delphiの基本的な機能を使用した初歩的かつ具体的な内容です。

株式会社エンハンサー
代表取締役  藤田 和宏

プレゼンテーション資料:

17:00~18:00

【G6】ライトニングトーク

「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」

最後のセッションは「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語っ てください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。皆さんの挑戦をお待ちしています。


 
イン大阪

【G1】ケーススタディセッション

ユーザーショーケース「シェアNo.1の国産情報漏えい対策・IT資産管理ツールを支えるDelphiの技術」

8000社・750万クライアントで導入いただいている弊社製品のLanScopeCatは、クライアント・サーバー・管理コンソールのほとんどをDelphiで開発しています。長らくバージョンアップを重ねる上で、複雑かつ増大した画面構成を一新した際に用いた開発効率を高める手法を紹介します。具体例として、FrameとRTTI(実行時型情報)を用いた開発効率向上、スタイルを使用してのデザインの統一などを予定しています。

エムオーテックス株式会社
開発本部 副本部長 北村 和久

ユーザーショーケース「iPod Touchによる工場内のモバイル化 - 鋼材品質証明と基幹システム連携 -」

ここ数年、企業システムにおいて、基幹の実業務でもモバイル端末が活躍する場面が増えてきました。今回ご紹介する豊鋼材工業株式会社様では、鉄鋼及びその他金属の加工販売を手掛けられており、工場内でモバイル利用がスタートしました。その中心として、iPodを使った「鋼材品質証明」や、タブレットによる「鋼材チェック」など、IBM i(AS/400)を基幹とする社内システム、モバイルアプリでDelphiを広く活用されています。

株式会社ミガロ.
RAD事業部 課長 吉原 泰介 

プレゼンテーション資料(後半のみ):

一括ダウンロード


Published on: 5/26/2015 5:26:56 PM

Server Response from: ETNASC04

Copyright© 1994 - 2013 Embarcadero Technologies, Inc. All rights reserved.