QualityCentral の Tips

投稿者:: Hideaki Tominaga

概要: Quality Central の使い方の実際を解説します。

QualityCentral(QC)は、エンバカデロ製品の不具合や機能要求を投稿するパブリックサイトです。ここには、世界中から、日々さまざまなレポートが投稿されています。しかし、英語を母国語としない人にとっては使い方がわかり辛く、投稿するにあたって敷居が高く感じられます。

しかし、製品の不具合を報告しなければ、それが仕様なのか、不具合であれば修正されるのかどうかの情報を得ることはできません。また、既存の不具合を知らなければ、デバッグ時に、無駄な時間を消費する事にもなりかねません。QualityCentralを積極的に活用して、自身のアプリケーション開発のために、製品の質を向上させるべきです。これはエンバカデロのみならず、自分自身の利益にも結びつきます。

このトピックでは、母国語が英語でない方を対象としたQualityCentralの使い方を解説します。

    QualityCentral の閲覧 (Web Client)

QC の閲覧は簡単です。まず、http://qc.codegear.com にアクセスします。

QCにアクセスするとブラウザの画面の右側に次のような表示があります。

Hide image
QC01W

投稿されたレポートの検索はこの部分を使用して行います。

閲覧したいレポートの QC 番号が判っているのなら、"Go To Report" 上にあるテキストボックスに 数値で QC 番号を入力し、"Go To Report" ボタンを押します。

またはブラウザで “http://qc.codegear.com/wc/qcmain.aspx?d=xxxxx” と直接入力する方法もあります。なお、"xxxxx" の部分には QC 番号を 数値で 入力します。

レポートの番号がわからない、キーワードで検索を行いたいなど、高度な検索を行うには "Search" とあるリンクをクリックします。ブラウザから直接入力するのであれば

"http://qc.codegear.com/wc/qcmain.aspx?se=1"

と指定します。

Hide image
Click to see full-sized image

高度な検索を行う場合、最初に、"Select a Project to search:" の横のコンボボックスから検索したいプロダクトを選択します。

プロダクトを選ぶと、そのプロダクトがサポートしているプラットフォームが、"Platform:" で選択できるようになります。なお、プラットフォームは、通常 "All platforms" とし、対象となるプラットフォームを指定して絞り込みを行いたい時のみ選ぶという使い方でかまいません。

"Version:" で製品のバージョンを選択することができます。

キーワードによる絞り込みを行うのであれば、検索フォームの下の方にある "Keywords:" 欄に適切なキーワードを入力します。

そして、検索フォームの最下部にある "Submit Search" をクリックし、検索を行います。

    QC のステータス

QCのステータスには、以下の種類があります。

Status:

説明:

Reported

レポートの投稿完了。投稿した直後は、このステータスです。

Open

投稿したレポートが受理され、認識された状態のステータスです。

Close

投稿したレポートが解決された状態のステータスです。

Withdrawn

投稿されたレポートが、本人により取り下げられた状態のステータスです

Pending

保留中。詳細な手順やサンプルケースなど、さらに詳しい情報を要求されている状態のステータスです。

Resolved

投稿したレポートは解決しましたが、検証が必要な状態のステータスです。

ステータスが Close になっていても、その Close の理由は様々です。ステータスが Close となったレポートは"Resolution:" 、つまり、理由を確認する必要があり、また、その理由により、レポートに対してアクションを起こす必要があるかどうかを判断します。

“Resolution:”には、以下の種類があります。

Resolution:

説明:

Fixed

レポートされた内容は修正されました

Deferred to Next MS

レポートされた内容は、次のマイルストーンに延期されました

Cannot Reproduce Bug

レポートされた内容は再現できませんでした

As Designed

レポートされた動作は仕様です

Duplicate

レポートされた内容は、既に同じ内容の投稿が存在している

重複しているNoが示されています。投稿したレポートは他のQC、或いは内部バグトラッキングシステム(RAID)に既に存在していることを表しています。

Test Case Error

レポートの内容が妥当ではない、添付したサンプルプログラムで現象が再現できない、機能しない等

Need More Info

より詳しい情報/デモ/手順が必要です

Deferred to Next Release

レポートされた内容は、次の製品リリースに延期されました

Retest

現在のビルドで再テストしてください

Checked In

配布される予定

Third Party

サードパーティの問題

Cannot Fix

修正できない(ベンダーの問題)

Defer to Inline

インラインによるリリースで修正

Readme

Readmeへの記述

Feature Removed

レポートされた機能は外されました

Web Update

RTM後、Webで提供するアップデートで修正

Won't Do

レポートされた問題は実装/修正されない

Inactive

欠陥は非活性化された(多くは旧バージョンについての報告)。

ここに書かれている以上の詳しい情報は"QualityCentral 共通ユーザーガイド" に掲載されています。

    QCに対してアクションを起こす

QCに対し、以下の方法を使ってアクションを起こすことができます。

    Vote (投票)

これは、レポートに vote(投票)して、その票数により重要度を押し上げるというアクションの方法です。

表示されるレポート内の次に示される部分を参照してください。

Hide image
QC03W

"Total Votes:" は、現在 Vote されているポイント数です。

"[Vote for This Report]" のリンクをクリックすると、次のような画面が表示され、レポートに対して Voteが行うことができます。

Hide image
Click to see full-sized image

この画面の上部には今までに Vote した QC がリストされています。

下部には Vote 対象のQCが表示されています。

Voteの手順ですが、まず、"Your Vote:" のテキストボックスに、Vote するポイントを入力します。

持ちポイントは通常 10 ポイントあります。1ポイントずつ Vote するのであれば QC 10件に対して Vote できます。「これは重要だ!」と思ったのなら、一つの QC に集中して 10 ポイントを注ぎ込む事もできます。

Vote するポイントが足りない場合には既存の Vote から "[Remove This Vote]" を実行して、他に投票した Vote のポイントを取り消すしかありません。

その際、まず対象となるのが、Closedになっている QCレポートです。

すでに Closed になっている QC に対していつまでも Vote ポイントを付けていても無駄なので、 特殊な事情がない限り、Closed-QC に対する Vote は取り消すべきです。

余談ですが、Rating は Web ブラウザから操作できない事もあってあまり重要視されていないように思えます。そして Rating そのものも、重要度に対するものではなく、このレポートを理解し易かったか?という観点のレイティングと思います。

    コメント

報告されているレポートに質問や補足を行いたい場合、そのレポートにコメントを付けることができます。該当する QC レポートを表示し、その下部にある Comments欄

Hide image
Click to see full-sized image

の中にある "[Add Comment to This Report]" のリンクを押してコメントを追加します。

コメントの追加を行うときには、注意が必要です。

QualityCentral のサイトは UTF-8 で記述されていますが、コメントに日本語は記述できません

QualityCentral のサイトは世界中の人が見るパブリックなサイトなので、使用される言語は英語となります。ただ、サンプルコードを書くときに定数として日本語を使いたい場合があります。そのような場合は、コントロール文字列で置き換えるか、サンプルファイル側に記述してレポートにファイルを添付し、その旨をコメントに記述するという方法をとる必要があります。

一般的に、コメントを書くタイミングとしては、QC レポートにに賛同する時、自分が投稿した QCレポートが Closedとなったが、その Closedの理由に納得がいかない時、他の人のレポートにアドバイスを行いたいときなどが考えられます。

また、Webブラウザ上で、翻訳しながらコメントを書いているとタイムアウトとなり、途中まで書いたコメントがクリアされてしまう事があるので、テキストエディタ等で推敲してからコピー&ペーストして投稿するといいと思います。

    QC を投稿する

QC の投稿にはWeb ブラウザ(Web クライアント) ではなく、Windows上で動作するクライアントアプリケーションである "QualityCentral Windows Client" の使用をお勧めします。この QCの Windowsクライアントは、IDE製品にも付属しています。また、最新版の Windowsクライアントを"http://qc.codegear.com/BCDownloadCGI.exe/disclaimer" からダウンロードする事もできます。

    "QualityCentral Windows Client" の初期設定

ここでは、Delphi 2009に付属している Windowsクライアントを使用しています。

  1. Delphi のメニューから [ツール(T) | QualityCentral (Q)]を選択するか、或いは、製品をインストールしたディレクトリの \QualityCentral ディレクトリ内の"qualitycentral.exe" を直接起動します。

注意: 古いバージョンの Delphi等に付属している Windowsクライアントを起動した場合、参照するドメインが現行のドメイン(codegear.com)と異なるため、「Server is currently unavailable or you can not connected to the internet. Can not proceed」のようなメッセージが出力され起動に失敗します。この場合、Windowsクライアントと同じディレクトリ内に作成された QualityCentral.iniファイル内の「qc.borland.com」と記載されている部分を「qc.codegear.com」に修正してください。( http://dn.codegear.com/article/38267 )

  1. 初回起動時にプロキシサーバーの設定を促すダイアログが表示されます。


Hide image
QC01

プロキシサーバーを設定する必要がなければ、そのままOKボタンを押して下さい。

  1. QualityCentralへのログインダイアログが表示されます。

    Hide image
    QC02

    デベロッパーネットワークに登録しているアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し、”DN Authentication”にチェックをつけ、OK ボタンを押して下さい。"Save Password" にチェックを入れておくと、次回からはパスワード入力を求められなくなります。
  2. QualityCentral Windows Clientが起動します。もし、何かしらの製品のフィールドテストに参加しているのなら、"QualityCentral Windows Client" のメニューから [View | Options...] を選択して環境設定を行います。
  3. Optionダイアログの "Beta Registering" タブを選択して、フィールドテスターとして登録している情報を入力し、Apply ボタンを押します。この設定により、フィールドテスター用のレポートの投稿・閲覧が可能になります。

    Hide image
    QC04

    "QualityCentral Windows Client" での投稿

  1. QualityCentral Windows Clientでレポートを投稿する場合、まず、ツールバーの " insert_btn (Insert)" ボタンを押します。

    Hide image
    QC05
  2. 画面上に Reportedの文字が表示され、レポートする際の必須項目の部分が以下のように赤く表示されます。


Hide image
QC06

赤く表示された必須項目は、以下の通りです。

  • Project
    製品の種類です。レポートを行う製品を一覧の中から選択します。
  • Platforms
    製品のプラットフォームです。通常は"All platforms"で構いません。
  • Veresion
    製品のバージョンです。Projectで製品を選択すると、その製品のバージョンの一覧が表示されますので、その中より該当する製品のバージョンを選択します。
  • Area
    レポートする内容が製品のどの部分に該当するかを指定する箇所です。Projectで製品を選択すると、その製品での Area区分が表示されますので、その中より該当する Areaを選択します。たとえば Delphiの場合、IDEについてなら"IDE"、関数等なら"RTL"、VCLは"VCL"、ヘルプなら"Documentation"を選択します。
  • Type
    投稿するレポートの種類を以下より選択します
    A:クラッシュ / データロス
    B:基本的な問題
    C:軽微な問題 / デザイン上の問題
    D:ヘルプ等のドキュメントの問題
    E:問題提起/追加要求
    F:新規の機能追加要求
    I:問題
    S:仕様に関する問題
  • Serverity
    問題の程度を以下より選択します。
    0:致命的な問題
    1:深刻な問題
    2:普通に遭遇する不具合
    3:たまに遭遇する不具合
    4:極端なケース(例えば特定の条件が重なり合って発生する場合など)
  • Build No
    製品の詳細なバージョンです。製品情報ダイアログ(またはバージョン情報ダイアログ)等に表示されている"11.0.2902.10471"のようなビルド番号を含む番号を指定します。
  1. 青い文字で表示されている Descriptionには、短い説明(タイトル)とレポートする内容を英語で記述します。

    Hide image
    QC07
  2. 不具合に関するレポートを投稿する場合は、必ず右側の Stepsに、その現象を確実に再現させるための手順を記述します。なお、Steps の記述がないと投稿の際に警告が出る事があります。ヘルプの誤記のような、再現手順を提示する必要がない場合以外は Steps を必ず記述して下さい。

    Hide image
    QC08

  3. 以上でレポートの投稿に必要な項目の記載は終了です。ツールバーの " check_btn (Post)" ボタンを押して投稿を確定させます。レポートの投稿が確定されると、Reportedの文字の左側に,採番された QC番号が表示されます。

    Hide image
    QC09

    なお、途中で、投稿をキャンセルするには" cancel_btn (Cancel)"ボタンを押します。

    添付ファイルを追加する

レポートで不具合を報告する場合、現象を再現させるサンプルプログラムや、スクリーンショットがあると、より正確な報告となります。レポートにファイルを添付する際には、添付するファイル群を予め zipで1つの zipファイルとして圧縮しておきます。圧縮した zipファイルは次の手順でレポートに追加することができます。なお、ファイルの添付は投稿が確定したレポートに対してのみ行えます。投稿が確定していないレポートにはファイルを添付することができません。

  1. QC へレポートを投稿した直後に、右側の "Attachment" タブを開きます。
  2. メニューから [Reports | Add Attachment...] または、リストの上で右クリックし、コンテキストメニューから "Add Attachment..." を選択します。
  3. ZIP形式圧縮した添付ファイル を選択します。

    QC を検索する

QualityCentral Windows Clientでは、QCへのレポートの投稿以外に、

  • QCの検索
  • QCに投稿したレポートの編集
  • QCに投稿したレポートの削除

を行うことができます。

まずは、QCに投稿したレポートの検索手順について説明します。

  1. ツールバーの " query_btn (Query)" ボタンを押します。

    Hide image
    QC10
  2. 表示された以下の項目に検索に必要な事項を入力します。次のようなパターンがよく使用されます。
    ・"Report Number" に QC番号のみを直接入力し、その QC番号のレポートを直接検索
    ・"Project / Platforms / Version" と "Keyword" を埋めて、キーワード検索

    Hide image
    QC11
  1. 検索に必要な項目の指定を行った後、ツールバーの"find_btn (稲妻マーク)"のボタンを押します。該当するレポートがあった場合は画面上に表示されます。ヒットする項目がなかった場合は、検索条件を変えて再検索してみましょう。

    Hide image
    QC12
  2. 検索条件に該当する QC レポートが複数存在した場合には、ツールバーの "navi_btn (ナビゲーション)" ボタンで、検索されたQCレポートを順に閲覧することができます。

    Hide image
    QC13

    また、ツールバーの"display_btn (一覧切り替え)"ボタンをクリックして該当したQCレポート一覧リストの表示/非表示を操作することができます。

    Hide image
    QC14

    また、レポート一覧リスト上のレポートをマウスでクリックすると、そのレポートがカレントレコードとして表示されます。

    Hide image
    QC15

    QCを編集する

Quarity Central Winsows Clientを使用して、自分が QCに投稿したレポートを編集することができます。(他の人が投稿したレポートを編集することはできません。他の人のレポートに対してはコメントの付加だけが許されます。)

  1. 任意の方法で編集する QCレポートを検索します。
  2. 編集するレポートが表示されている状態で、ツールバーの " edit_btn (Edit)" ボタンを押します。

    QC16
  3. レポート内容を編集します。
  4. 編集が終了したら、ツールバーの " check_btn (Post)" ボタンを押して編集内容を確定させます。

    Hide image
    QC09

    なお、途中で、編集をキャンセルするには" cancel_btn (Cancel)"ボタンを押します。

    QC を削除する(取り下げる)

Quarity Central Winsows Clientを使用して、自分が QCに投稿したレポートを削除することができます。(他の人が投稿したレポートを削除することはできません。他の人のレポートに対してはコメントの付加だけが許されます。)

  1. 任意の方法で削除したい QCレポートを検索します。
  2. 削除したいレポートが表示されている状態で、ツールバーの " delete_btn (Delete)" ボタンを押します。この時、削除されたレポートの Statusの表示は、「投稿したレポートが取り下げられた」ことを意味する “Withdrawn”に変わります。

    QC17

    QCへレポートを投稿のする際の約束事

QC へレポートを投稿する際には、ドキュメント化されていない以下のような暗黙の約束事があります。

  • Stepsへ記述する際の約束事
  • ディスカッション・フォーラムへの告示の際の約束事
  • ファイルを添付する際の約束事

    Stepsへ記述する際の約束事

問題を報告する際、Stepsには必ず

  • 再現手順
  • 期待される動作
  • 実際の動作

簡潔に記述します。

以下は、記述のテンプレートの一例です。

ここに問題を再現させるための手順やコードを記述します

EXP:
  ここに期待される動作を記述します

ACT:
  ここに実際の動作を記述します

また、Descriptionの詳細部分か、Stepsの最後に、"この問題の影響範囲" "問題を解決する事で得られるメリット" 等を追記しておくといいでしょう。

QCへレポートを投稿した後、ディスカッション・フォーラム の該当グループ(英語)へQC のコピーを投稿し、 日本のディスカッション・フォーラム に Vote を呼び掛けるために告知するといいと思います。

    ディスカッション・フォーラムへの告知の際の約束事

以下は、QCへレポートを投稿した後、ディスカッション・フォーラムへ投稿する際の "QCのコピーのテンプレート" の一例です。

まずは、タイトル(Subject)。

[バージョン] QCでの短いDescription

"バージョン" には "D2009" 等を入れます(FT等、同一の製品を対象としている場合にはビルド番号を入れます)。

次は本文です。

Report No: QC番号            Status: Reported
QCでの短いDescription
http://qc.codegear.com/wc/qcmain.aspx?d=QC番号
QCWIN:Defect_No=QC番号

3箇所ある "QC番号" には、すべて同一の QC 番号を入れます。最後の行は、リンクをクリックした際に QCクライアントへ飛ばすための指定です。

冒頭には "Hello" 程度の挨拶と、簡単な説明文を付け加えておくとよいでしょう。"QCレポートの重大度をアピールする" のも、もちろんかまいません。

以下は、このテンプレートを使用して作成した QC#66693 のサンプルです。

[D2009] Help-topic of a part of error-code doesn't exist.

Hello,
I'm reported QC#66693.

Report No: 66693            Status: Reported
[Help] Help-topic of a part of error-code doesn't exist.
http://qc.codegear.com/wc/qcmain.aspx?d=66693
QCWIN:Defect_No=66693

    ファイルを添付する際の約束事

QCへ投稿するレポートにファイルを添付する際には、以前の項でも触れましたが、必ずZIP 形式で圧縮して添付します

添付ファイルに含まれる、実働するソースコードに日本語を記述する必要がある場合には、ファイル形式を UTF-8 にすべきです。ただし、基本的に日本語を書いてはいけません。何故なら、日本語を表示する事のできるフォントをレポートを参照する相手が持っているとは限らないからです。通常、英語版の Windows には "MSゴシック / 明朝/ MS UIゴシック" がインストールされていませんし、Vista であってもメイリオがインストールされているとは限らないからです。もし、やむ得なく日本語を記述したファイルを添付するのであれば、QCレポートの本文に、日本語を記述したファイルが含まれていることを明示したほうがいいでしょう。

日本語固有の問題をソースコードで示す場合、Delphi 2009 であれば、いくらか話は簡単です。以下のコードをご覧ください。

type
  SJISString = type AnsiString(932); // Shift-JIS(CP932)
var
  SJIS: SJISString;
begin
  SJIS := #$82#$A0 + // Japanese Hiragana 'a'
          #$82#$A2 + // Japanese Hiragana 'i'
          #$82#$A4;  // Japanese Hiragana 'u'
  ...

end;

上記のようなコードは、コードページを強制しているので、どのような環境においても、記載されたコードを正しく実行できます。

ただし、ShowMessage 等で、結果を日本語表示させる場合には、前述の通り"相手が日本語フォントを表示できない可能性がある"ので、スクリーンショットも併せて zipファイルに圧縮して添付しましょう。

スクリーンショット等で添付する 画像は JPEG形式が好まれるようですが、BMP / GIF / PNG 形式などでもかまいません。

    翻訳作業

QCへレポートを投稿する際は、英語で投稿しなければなりません。これは、先述したように、世界中の人が投稿・参照しているためです。

英語で投稿となると、ハードルが高いと感じてしまうかもしれませんが、まずは Webで提供されている翻訳ツールを利用してみるといいでしょう。

一旦、"日本語 -> 英語" 翻訳を行ったら、翻訳結果を "英語 -> 日本語" に逆翻訳してみましょう。それでおおまかに意味が通じるのなら大丈夫だと思います。意味が通じなかったら日本語の方を言い換えてみましょう("ならない" -> "働かない" 等)。

コンピュータ用語の微妙な言い回しについては "慣れ" しかありませんので、他の方が投稿したレポートを読んだり、言い回しをまねてみたりするのも、ひとつの方法です。ちなみに、メニューの辿り方を記述する場合、 "[ツール]の[オプション]" のような記述は "[Tool | Options]" のように記述します。

    用語の英語表記がわからない時は?

Windows 等の用語を記述したい時、「英語でこの機能の表記は?」と思う事があります。そのような時は "マイクロソフト ランゲージ ポータル - 用語検索" で日本語の用語で検索すると、英語の対訳を得る事ができます。

    英語版のヘルプを参照したい…

Delphi の IDE等に使用されている UI用語については、実際の製品で確認するか、日本語のディスカッションフォーラムで他の人に聞くなどするしかありません。このような場合、VMWare等のバーチャルマシン環境に英語版とヘルプの英語版をインストールするというのもひとつの解決方法になります。

大抵の事は、英語版のヘルプがあれば事足りるのですが、 HTMLHelp2 の仕様により、ひとつのマシン上で 日本語版 / 英語版 を同時に閲覧する事はできません。しかし、以下の手順で同居させ、切り替える事は可能です。

  1. はじめに、英語版のヘルプをインストールします
  2. ヘルプのインストール終了後、ドキュメントのフォルダ"$(BDS)\Help\Doc" (Delphi 2009の場合、デフォルトで C:\Program Files\CodeGear\RAD Studio\6.0\Help\Doc )を別の場所(例えば、\Doc_en)にバックアップコピーします
  3. 英語版のヘルプをアンインストールします
  4. 次に、日本語版 のヘルプをインストールします
  5. ヘルプのインストール終了後、先ほどと同様にドキュメントのフォルダを別の場所(例えば \Doc_ja)にバックアップコピーします

 コピーした2つのヘルプの切り替え方は以下の通りとなります。

  1. バックアップした 英語版 / 日本語版 ヘルプのフォルダを、正規のドキュメントのフォルダ"$(BDS)\Help\Doc" にリネーム(或いはコピー)します
  2. ドキュメントのフォルダ($(BDS)\Help\Doc)内にある "install_and_view.cmd" を実行します

 この手順でヘルプを切り替える事ができますが、英語版を後にインストールしてしまうと"Document Explorer"が英語版になってしまう可能性があります。

    QC投稿したレポートの重複

既に QCへ登録されているレポートと同様の内容を投稿した場合、投稿したレポートのステータスは "Duplicate"となります。苦労して投稿したレポートが、Dupicateのステータスに直ぐに変更されてしまうのをできるだけ避けたいので、投稿の前に QC検索を行って自分の投稿しようとしている内容が既に投稿されていないかを 簡単に 検索しておくといいでしょう。

なぜ、"詳細に"ではなく、"簡単に"なのかという理由ですが、

  • 言い回しの違いでキーワード検索にヒットしない場合があります。
    たとえば、"bit" / "bits" の違い。QCのキーワード検索は、全文検索ではなく、"ワード検索"で行われるようです。
  • QC上には投稿されていないが、内部トラッキングシステム(RAID)に登録されている場合があります。
    一般のユーザーは RAIDを閲覧することはできませんので、QC側を検索しても何もヒットしません。
  • すべての QCレポートの確認は、時間的に無理があります。
    確認に時間を費やすうちに、他のどなたかに同一の内容で投稿されてしまう事がよくあります。

要は、"重複についてはそんなに神経質にならなくてもいい"という事です。

    変更されたステータスに納得がいかない / ステータスが変更されない

投稿したレポートのステータスが Closedに変更されたが、Resolution、つまり、その変更理由に納得がいかない場合のアクションとしては、次のものがあげられます。

  1. レポートの内容を編集して、より具体的なものにする。
  2. コメント欄で必要性を説く。あるいは "Resolution Comment"に対し、反証を行う。追加資料を添付するのもいいでしょう。
  3. ディスカッション・フォーラム の該当グループ(英語)で、理由を説明し、再オープン要求を行う。

また、レポートのステータスが Openのままで、他のステータスになかなか変更されない場合のアクションとして、次のものがあげられます。

  1. レポートの内容を編集して、より具体的なものにする。或いはコメント欄で必要性を説く。
  2. 日本のディスカッション・フォーラム で Vote を呼び掛ける。
  3. ディスカッション・フォーラムの該当グループ(英語)で、レポートの番号をあげて他の人の意見を仰ぐ。

    まとめ

敷居が高いのは初回の投稿時だけだと思います。まずは “次期 Delphi への要望” を投稿してみてはいかがでしょうか?

一度、QC への投稿を行うと、次からは思ったよりスムーズに投稿できると思います。

次からのサーバー応答:: ETNASC02