第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京

By: Embarcadero Japan

Abstract: Delphi Handbookなどの著作でも有名なマルコ・カントゥが初来日。東京開催は5月21日です。

Event Times Event Details How to Attend
Pacific Daylight Time
Start: Wednesday, May 20, 2015 6:00 PM
End: Thursday, May 21, 2015 2:00 AM
Tokyo Daylight Time
Start: Thursday, May 21, 2015 10:00 AM
End: Thursday, May 21, 2015 6:00 PM
Universal Coordinated Time (UTC)
Start: Thursday, May 21, 2015 1:00 AM
End: Thursday, May 21, 2015 9:00 AM
Event Type: Live Seminar/Roadshow
Languages: Japanese
Products: C++Builder, Delphi, RAD Studio
Registration URL: Register
Location: Japan
Address: ベルサール新宿グランド 5F 会議室 ROOM E + F

    開催概要

第30回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ・イン東京
主催 エンバカデロ・テクノロジーズ
日程 2015年5月21日(木) 10:00~18:00 (9:30 受付開始)
会場 ベルサール新宿グランド 5F 会議室 ROOM E + F 地図
参加費 無料(事前登録制)
申し込み方法 こちらの申込みフォームから、必要事項を入力してお申込みください。[登録実行]ボタンをクリックすると、入力頂いたEメールアドレスに受講票が送付されます。
  • 座席準備のため、事前申込みにご協力ください。
  • 定員を超えた場合には、大変恐縮ですが、お申込みをお断りさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本申込みにより収集した個人情報につきましては、個人情報保護法及びエンバカデロ・テクノロジーズのガイドラインに基づき適切に管理いたします。
  • エンバカデロ・テクノロジーズのプライバシーポリシーの詳細につきましては、こちらをご参照ください。

    プログラム

時間 Room F Room E
10:00~10:45 【G1】ケーススタディセッション
ユーザーショーケース「C++Builderを用いたマルチOS対応一般コンシューマ向けスマートフォンアプリ開発事例」

今春、カシオ計算機が発売したスマートフォンアプリ「撮ってキャラスタジオ」の C++Builderでの開発事例をお話します。具体的には、本アプリのソフトウェア論理構造をざっくりとお話しし、各モジュールをC++Builder で開発する上でよかったこと、苦労したことなどを話題にしたいと思います。また、iOS/Android固有のTipsなども織り込んでいければと思いま す。

カシオ計算機株式会社
コンシューマ事業部 企画部 第一企画室 園城 浩行

10:45~11:00 休憩
11:00~12:20 【G2】ジェネラルセッション
「IoT時代のマルチデバイス開発環境」

2015年4月にリリースされた新バージョンRAD Studio XE8は、真のマルチデバイス開発を実現する強力な新機能に加え、IoT、クラウドを活用するためのコンポーネントレベルでのサポートが搭載されていま す。これらの新機能がもたらす新しいマルチデバイス開発とは?Delphi書籍のベストセラー作家でもある製品担当マネージャ自らが、その概要を語りま す。

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当マネージャ マルコ・カントゥ

12:20~13:30 昼休み
13:30~14:30 【F3】テクニカルセッション
「業務システムにモバイルを!実践エンタープライズモバイル開発プロジェクト」

昨年ぐらいから、多くの企業で業務システム向けのモバイルアプリ開発が検討、実施され 始めています。しかし、いざ実践しようとすると様々な困難に直面します。このセッションでは、企業向けのモバイル開発プロジェクトの正しい進め方を理解す るために、計画段階、実装、テストのそれぞれの段階で、どのような課題が存在し、どのようにそれを克服していくべきかを考えます。RAD Studioを有効に活用するために、エンタープライズモバイル開発プロジェクト遂行のエッセンスを凝縮してお伝えします。

エンバカデロ・テクノロジーズ
シニア・セールスコンサルタント 伊賀 敏樹

【E3】Delphi/C++テクニカルセッション
「移行プロジェクトでもモバイル開発でも必須!今からでも間に合うデータモジュール活用法」

皆さんはデータモジュールを使っていますか?Delphi / C++Builderでは、フォームにペタペタとデータアクセスやロジックコンポーネントを貼り付けて、サクサクとアプリを作成できてしまうので、データ モジュールなしでやっていけちゃいます。でも、多層、クラウド、モバイルなど、多様なシステム形態が存在する今、データモジュールが、ロジックとコードを 切り分ける初めの一歩として再び重要になっています。このセッションでは、データモジュールの活用の仕方を、マルチデバイス開発と関連付けて、今風に再入 門します。新規開発の方も既存アプリの改修の方も必見です。

株式会社ドリームハイブ
代表取締役  山本 悟

14:30~14:45 休憩
14:45~15:45 【F4】Delphi/C++テクニカルセッション
「RAD Studio XE8 の新機能とその活用法」

RAD Studio XE8や最近のバージョンで搭載された新機能、言語機能などを活用しながら、多様なシステム構築の要求に応える方法を解説します。このセッションでは、ジェネラルセッションでの新製品概要紹介に続き、その技術詳細を語ります。

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当マネージャ マルコ・カントゥ

【E4】Delphi/C++テクニカルセッション
「今さら聞けない!? FireDAC入門 ~ オンメモリーデータベース編」

FireDACがDelphiに搭載されたのがXE4のとき。XE5で大幅な名称・ユ ニット名が変更され、Delphi/C++Builderでの中核のデータベースフレームワークとなりました。しかし、具体的な解説資料が少ないのが実情 です。今回は、モバイル端末でも使える「オンメモリーデータベース」を題材に具体的な使用方法と注意点について解説します。

リンクス
代表 田中 芳起

15:45~16:00 休憩
16:00~17:00 【F5】Delphi/C++テクニカルセッション
「RAD Studioで始めるモバイル開発 ~ コンポーネントで簡単入門!勘所も押さえよう」

RAD Studioによるモバイルアプリケーション開発は非常に簡単です。FireMonkeyによってOS/ハードウェアレベルの処理が隠蔽されるためiOS /Android両対応のアプリケーションが同一コードで作成できます。しかし、その反面OSの理解が進まないというデメリットもあります。しかも、 iOS/Androidには特有の癖や仕様が存在するため、それらを知らないと罠に陥ってしまうかもしれません!そこで、このセッションでは、まずRAD Studioを使ったモバイルアプリケーションの開発について簡単に紹介したあと、iOS/AndroidというモバイルOS特有の仕様を解説し、モバイ ルアプリケーション開発で遭遇する疑問を解決する指針を紹介します。 このセッションはDelphiをベースに解説しますが、C++開発者にも有効な内容です。

このセッションはDelphiをベースに解説しますが、C++開発者にも有効な内容です。

株式会社シリアルゲームズ
取締役 細川 淳

【E5】Delphiテクニカルセッション
「DelphiによるEnterpriseアプリケーション開発 ~ 当社パッケージの内部構造、開発方法ご紹介」

Enterpriseアプリケーションは長期にわたり使用されることが多いため、その 長いライフサイクルの中で発生する様々な改修に対する保守性や、要員交代時の引き継ぎが課題となります。この課題に対応する具体的な実例を2006年から 現在まで継続開発している当社パッケージを例にご説明いたします。Delphiの基本的な機能を使用した初歩的かつ具体的な内容です。

株式会社エンハンサー
代表取締役  藤田 和宏

17:00~17:15 休憩
17:15~18:00 【G6】ライトニングトーク
「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」

最後のセッションは「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語ってください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。皆さんの挑戦をお待ちしています。

    ライトニングトーク出演者募集のお知らせ

最後のセッションは「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語ってください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。皆さんの挑戦をお待ちしています。

    申込方法

出演を希望される方は、 japan.info@embarcadero.com まで、「東京ライトニングトーク出演希望」という件名で以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • お名前 および フリガナ(ハンドル名等で参加される場合はその旨明記ください)
  • 会社名(個人として参加される場合は不要)
  • 連絡先(電話番号)
  • トークのタイトルと概要
  • PC持ち込み あり/なし

    特典

  • 懇親会に無料ご招待

    懇親会のお知らせ

全セッション終了後には、会場近辺で会費制の懇親会を実施します。本編終了後も、開発者同士の熱い会話ができるほか、エンバカデロのスタッフと直接意見交換ができます。

  • 懇親会会場:東京ベリーニカフェ 西新宿店 (会場から徒歩3分)
  • 時間:18:30~20:30
  • 会費:5,000円(税込) ※ 学生参加費無料(事前登録が必要です)

    お問い合わせ

エンバカデロ・テクノロジーズ インフォメーションサービスセンター
TEL:03-4577-4520 Email: japan.info@embarcadero.com

Server Response from: ETNASC04