第29回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ資料ダウンロード

By: Embarcadero Japan

Abstract: 2014年11月7日、11日に開催されたデベロッパーキャンプのセッション資料をダウンロードいただけます。

    第29回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ - セッション資料

 Hide image
 Hide image
 Hide image
時間 Room B/C Room A
10:00~11:00

【C1】Delphi/C++テクニカルセッション

     「ゲームUIから考えるこれからのエンタープライズUX」

スマホやタブレットの普及が企業システムの行動範囲を飛躍的に拡張しようとしています。そんな現場直結時代のシステムの在り方についてゲームUIから読み解き、それをFireMonkeyでいかに実装に落としこむかについてお伝えします。

エークリッパー・インク
代表 羽生 章洋

プレゼンテーション資料:

【A1】Delphiテクニカルセッション

     「オンプレからクラウドに移行する中、新旧含め様々なデバイスと接続しないといけない要求にDelphiのクラウド接続で応えてみる」

クラウドに移行されていくシステムに対してDelphiでどう付き合っていくのかをDelphiCloudAPI 含め各社クラウドサービスでデモプログラムを試し、感じた事や そこから見えるクラウドとの付き合い方を独自の視点でお話したいと思います。そこにはそれぞれ部署間での様々な思惑や要望が混在し Delphiならではの対応と回避策の考えをお伝えできればと考えております。

株式会社システムプランベネックス
研究開発室 室長 毛利 春幸 

プレゼンテーション資料:

11:10~12:10

【C2】テクニカルセッション

     「着飾らない IoT」

開発者が IoT(モノのインターネット)を活用する上で知っておかなければならない技術的な知識を紹介します。単なる流行としてではなく、実際に業務で利用しようとしたときに、どのような問題を考慮しなければならないのか、ソフトウェア開発技術だけでなく法規制的な側面にまで触れた実用的な内容です。こんな IoT もアリだよね?ということが分かっていただけると思います。

富永 英明

プレゼンテーション資料:

【A2】Delphiテクニカルセッション

     「Delphiで作るデータベースツール。その開発のポイントは・・」

Oracle7の時代から開発を続けているデータベースツール。ステップ数も22万行を超え、開発言語もDelphi2007と老朽化をしている。思い切って根本からアーキテクチャを見直し、新バージョンでの開発に着手。オープンなプラットフォームの上で、多くの方々が機能追加可能な構造と、マルチ言語、国際化への対応・・等々の機能を盛り込む予定。古いバージョンのDelphiとXE7との共存も、マイグレーションの参考になると思う。

リンクス
代表 田中 芳起

プレゼンテーション資料:

13:30~14:30

【G3】ジェネラルセッション

     「エンバカデロのマルチデバイス開発環境の現在、そして将来」

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当ディレクター ジョン・トーマス

プレゼンテーション資料:

14:40~15:40

【C4】テクニカルセッション

    「マルチデバイス向けアプリ開発・構築におけるデータハンドリングのいろいろ」

スマートフォンやタブレットの普及によって、マルチデバイス向けアプリ開発・構築はあたりまえの事になりつつあります。プログラミングに関する点は忘れられずに注目されるのですが、データの永続化や取り回しなどのデータハンドリングが意外にも忘れられがちではないでしょうか。このセッションでは、マルチデバイス向けアプリ開発・構築において、データの取り扱いについての様々な話題をあげ、関連する情報や注意を紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
シニア・セールスコンサルタント 伊賀 敏樹

プレゼンテーション資料:

【A4】Delphi/C++テクニカルセッション

    「FireMonkeyの仕組み」

マルチプラットフォーム対応で2D/3Dグラフィックの表現力豊かなFireMonkeyコンポーネントフレームワーク。そのFireMonkeyの仕組みを知り、カメラの画角を変えたりなど、標準仕様にはない機能拡張に挑戦してみよう。

慶應義塾大学 藤代研究室 社会人研究生
安国院 住職 中山 雅紀

プレゼンテーション資料:

15:50~16:50

【C5】Delphi/C++テクニカルセッション

    「マルチデバイス対応アプリ開発の勘所」

RAD Studio XE7で搭載されたFireUIデザイナを使いながら、最新のiOSやAndroid Wearなどでも動作するマルチデバイス対応アプリの作成方法を解説します。また、サーバーサイド開発やモバイルアプリとの連携に関して、複数のアーキテクチャをデモを交えて解説します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋 智宏

【A5】C++テクニカルセッション

    「C++コンパイラアップデート」

デバイスに対応し、業界標準のC++11言語機能、各種標準ライブラリを利用できる最新コンパイラについて、今後のコンパイラアップデートの情報を含め、製品担当ディレクター自らが紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
製品担当ディレクター ジョン・トーマス

プレゼンテーション資料:

17:00~18:00

【G6】ライトニングトーク

    「共有!みんなの開発事例、開発経験、テクニック」

最後のセッションは「ライトニングトーク」。5分間のプレゼン時間で、皆さんの思いを語ってください。プログラミングに対する思い、TIPS、ご自身の経験、事例など、テーマは自由です。皆さんの挑戦をお待ちしています。

司会:エンバカデロ・テクノロジーズ 伊賀 敏樹
ドラ娘:雨宮 晴香


 
イン大阪

【T2】Delphiテクニカルセッション

     「こんなに簡単!Delphi によるiOS/Android業務アプリケーション開発!」

Delphiのマルチデバイス開発は従来のWindowsアプリケーション開発同様、簡単にスマートデバイス向けのネイティブアプリケーションをビジュアル開発することができます。本セッションではiOS / Androidネイティブアプリケーション開発の環境や基本手順から、DataSnapを使った社内業務データベースの3層接続活用までをテーマに、実際に開発デモを交えながらご説明いたします。

株式会社ミガロ.
RAD事業部 課長 吉原 泰介 

プレゼンテーション資料:

    一括ダウンロード

Server Response from: ETNASC02