第26回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ資料ダウンロード

By: Hitoshi Fujii

Abstract: 2013年9月13日に開催されたデベロッパーキャンプのセッション資料をダウンロードいただけます。

    第26回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ - セッション資料

時間 Room A Room B
10:00~11:00

【A1】Delphiチュートリアルセッション

    「Windows開発者のためのFireMonkeyモバイル開発入門」

FireMonkeyは、Delphi/C++Builderでマルチデバイス開発を実践する上で重要なコンポーネントフレームワークです。FireMonkeyを上手に使いこなせれば、従来のWindows開発者も、容易にタブレットやスマートフォンなどで動作するアプリを構築できるようになります。本セッションでは、FireMonkeyの基本的な使い方からモバイル開発における注意点など、はじめてモバイル開発を行う開発者にとって役に立つテクニックを紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋智宏

プレゼンテーション資料:

【B1】HTML5テクニカルセッション

    「オフラインで"待ちなし"、 500倍を超えるアクセスパフォーマンス!」

データ入力時に処理を待たされることは、ユーザーにとって大きなストレスです。本セッションではHTML5の機能を活用し、オフライン機能を取り込むことで課題は解決できることを、クラウドを使用した基幹系の仕訳データ入力を例に解説します。Webクライアントとクラウド上のサーバー間で処理をうまく分散させる「TSA(Thin Server Architecture)」の考え方がベースになります。

有限会社サイバースペース
代表 清野 克行

プレゼンテーション資料:

11:15~12:15

【A2】Delphi/C++Builderテクニカルセッション

    「はじめてのFireDAC」

FireDACは、Delphi/C++Builderに新たに搭載されたデータアクセスコンポーネントです。多様なデータベースへのアクセス、マルチデバイスのサポート、旧来のデータアクセス方式BDEとの高い互換性など、新規開発でも既存アプリケーションからの移行でも無視できない重要な技術です。このセッションでは、FireDACを使ったデータアクセスの手順を、基本からしっかり解説します。

株式会社三菱電機ビジネスシステム
PMO室長 田中 芳起

プレゼンテーション資料:

【B2】C++Builderテクニカルセッション

    「いまどきのC++開発をもっと楽にする3つの武器」

モバイルデバイスの普及により再びネイティブコードが脚光を浴びています。強力なプログラミング言語C++も、新しい言語標準C++11がリリースされ、再び活発になっています。C++ルネッサンスともいえる今日、どのように簡単にそして楽しくC++プログラミングを実践するかは、開発者にとっても、また組織にとっても重要でしょう。今回、C++Builderを活用したC++プログラミングのノウハウを、3つのテーマから解説します。それは、コンポーネント、言語の機能、マルチデバイスサポートです。

株式会社NTTデータビジネスブレインズ
ビジネスソリューション事業部 シニア・スペシャリスト 伊賀 敏樹

プレゼンテーション資料:

13:30~14:45

【G3】ジェネラルセッション

    「マルチデバイス開発を強化するエンバカデロのRADテクノロジー」

エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表 藤井 等

     「アプリソムリエお薦めアプリ、Delphiならどう作る?教えて高橋さん!」

アプリソムリエ 石井 寛子
エンバカデロ・テクノロジーズ エヴァンジェリスト 高橋 智宏

前半は「マルチデバイス開発を強化するエンバカデロのRADテクノロジー」と題して、エンバカデロが推進するマルチデバイス戦略の概要を紹介し、その成果としてAndroid対応を実現し、Windows / Mac / iOS / Androidの4つのプラットフォームに対してネイティブクロス開発を実現したRAD Studioの新バージョンをご覧いただきます。
後半は、スマホアプリのソムリエとして活躍する石井寛子が加わり、エヴァンジェリスト高橋が、人気のスマホアプリで使われている機能をDelphiで実現する手法を紹介します。

プレゼンテーション資料:

15:00~15:50

【A4】テクニカルケーススタディ

    「RAD Studioによるマルチデバイス開発への道」

既存アプリケーション資産を抱える中、タブレットやスマートフォン、あるいはMacといったマルチデバイスサポートにどのように立ち向かうべきか?そして、実際の開発の現場ではどのように対処しているのか?このセッションでは、マルチデバイス開発のあるべき姿を提示しながら、マルチデバイス開発に取り組んでいる現場の技術者をゲストに迎え、その取り組みを伺います。

エンバカデロ・テクノロジーズ
日本法人代表 藤井等

プレゼンテーション資料:

【B4】Delphi iOSワークショップ

    「アプリソムリエと作るDelphi iOSアプリ」

アプリソムリエ 石井寛子とスマホアプリ開発に挑戦しましょう。会場で2時間かけてiOSアプリ作りに挑戦してもよし、作成してきたアプリをブラッシュアップしてもよし。さまざまなアプリをレビューしてきたアプリソムリエにアドバイスをもらって、よりよいアプリに仕上げましょう。

アプリソムリエ 石井 寛子

アドバイザー:
株式会社シリアルゲームズ
取締役・シニアエンジニア 細川 淳

16:15~17:15

【A5】Delphi/C++Builderテクニカルセッション

    「脱Windows XPから一気にマルチデバイス対応を目指す実践テクニック」

Windows XPのサポート切れが迫る中、既存アプリの部分的な改修や仮想化技術を使って現状を乗り切ろうという解決策が議論されています。しかし、現在のITを取り巻く環境は、マルチデバイスに大きくシフトしています。そこで、エンバカデロからの提案―「過去を捨てずに将来へ!」。既存アプリケーション資産を最大限活かしながら、どのようにマルチデバイス対応を実現するのか、その具体的方法を紹介します。

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋智宏

プレゼンテーション資料:

17:30~18:30

【G6】クロージング

    「アプリソムリエと語るモバイル開発への取り組み」

アプリソムリエ 石井 寛子
エンバカデロ・テクノロジーズ 日本法人代表 藤井 等

    一括ダウンロード

Server Response from: ETNASC04