ビデオ: FireMonkey を使った GUI のエフェクト機能を簡単に紹介 (英語)

By: Chikako Yonezawa

Abstract: このビデオでは、設計時および実行時の両方で設定可能な 60 以上のシンプルなエフェクトコンポーネントを使用して GUI のコントロールがどのように変化するかをお見せします

このビデオは、エンバカデロの Stephen Ballによって作成されました。

エンバカデロの Delphi および C++ BuilderFireMonkey アプリケーションは、その UI をいくつかの素晴らしいエフェクト機能で素早く変化させることが可能です。このビデオでは、設計時および実行時の両方で設定可能な 60 以上のシンプルなエフェクトコンポーネントを使用して GUI のコントロールがどのように変化するかをお見せします。

ユーザーインターフェースにエフェクト(例えば Glow Effect)を追加することの素晴らしいところは、ユーザーが行うべき作業に素早く簡単に注目させることができ、ユーザビリティを向上させますし、製品を迅速に導入してもらうために必要なトレーニングとサポートのレベルを軽減させます!それらはまた、入力が必須のフィールドやデータ入力エラーを示すのに、フォーム上にゆっくりとしたポップアップや余計なもの表示するよりは、視覚的にユーザーに入力を促すことにより、データ入力速度を向上させることが可能です。



Server Response from: ETNASC04