FireMonkey iOS アプリケーションを構築する方法

By: Chikako Yonezawa

Abstract: Delphi XE2 で、はじめての FireMonkey iOS アプリケーションを構築する


Delphi XE2FireMonkey で iOS アプリケーションを構築することに興奮しています。初めに、Windows 7 マシンに RAD Studio XE2 をインストールし、それから、アカウントのサインアップのために Apple Developer ウェブサイトに行きました。Apple Developer アカウントをセットアップし、まずは、Lion マシン上に Xcode と iOS SDK をインストールしました。

また、RAD Studio XE2 に含まれている 'FireMonkey-iOS.dmg' は、Mac 上で実行する必要がある 2 つのインストーラパッケージ (Free Pascal コンパイラと FireMonkey iOS ライブラリ) を含んでいます。Windows マシン上の Embarcadero RAD Studio のプログラムファイルの 'FireMonkey-iOS' サブフォルダ内にディスクイメージがあります。Mac にそれをコピーし、それからインストーラを実行します。

Hide image
WinDev1

Apple Developer サイトで説明されている手順に従って、iPhone をプロビジョニングした後、iPhone アプリケーションをワクワクしながら構築しました。ここに示されているプロジェクトは、セットアップに数分以上かかることはありませんでした。

Delphi XE2 で、新規に FireMonkey HD iOS アプリケーションの作成を開始し、FireMonkey ロゴ用に TImage コンポーネントと、希望する外観をプロパティで調節する Reflection 効果を追加し、そのプロパティを調節して希望する外観にしました。3D テキストコンポーネントとトラックバーを含むものがひとつ、3D イメージコンポーネントとトラックバーを含むものがひとつ。回転角度を表示するためにフォーム上に 2 つのラベルを置きました。フォームの背景色を素敵なグラデーションに変更し、スタイルを FireMonkey iOS スタイルに変更しました。

クールな反射効果と、素敵なグラデーション、回転する 3D コンポーネントのサンプルアプリケーションは、コードでたった 3行、約 5分で作成されました。

3D テキストコンポーネントは、トラックバーにリンクされており、y軸にて回転します。

 Text3D1.RotationAngle.y := TrackBar1.Value 

3D イメージコンポーネントは、トラックバーにリンクされており、x軸にて回転して、Label2 で回転角度を表示しています。

 Image3D1.RotationAngle.x := TrackBar2.Value;

//-19 : 回転の初期角度を調整

 Label2.Text := IntToStr(Round(TrackBar2.Value - (-19)));

Hide image
Click to see full-sized image

プロジェクトの完成後、Mac 上で簡単にアクセスすることができるよう、ファイルをフォルダに保存したのを確認した後、Windows 7 開発マシン上で実行して表示しました。

メニューの [ツール|Xcode へのエクスポート]を実行することによって、Xcode プロジェクトへエキスポートすることができます。(Xcode プロジェクトファイルとしてエクスポートするため、2,3の簡単な手順で完了する設定を Windows 開発マシンに行う必要があります。設定の詳細はこちらをご覧ください: http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/XE2/ja/FireMonkey_%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AB%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%AA%E6%BA%96%E5%82%99 )

Hide image
xCode screenshot

それから Mac に切り替え、共用プロジェクトフォルダと、Xcode サブフォルダを閲覧しました。また、Photoshop で簡単にカスタムアプリのアイコンを作成し、Xcode フォルダにある Delphi アプリ用にそれを置き換えました。そして、Xcode を使用して Xcode プロジェクトを開き、それを実行しました。

最初にシミュレータでアプリを表示し、それから iPhone 上でそれを実行しました。画像とショートビデオで iOS アプリケーションが実行している様子をご覧ください。

Hide image
Click to see full-sized image


FireMonkey が同梱されている RAD Studio XE2 のトライアルをダウンロードする




Server Response from: ETNASC04