Embarcadero Developers ニュースレター 2011年1月/2月合併号

By: Hitoshi Fujii

Abstract: 名古屋、大阪、東京でツアーイベント!Starter Editionも登場

E M B A R C A D E R O   D E V E L O P E R S   N E W S L E T T E R

 H E A D L I N E

新着記事:
  • 2011年、イベントのスタートは名古屋~大阪のツアーで!
  • Delphi / C++Builder Starter エディション登場!
  • デベロッパーキャンプは3月30日、Delphiチーフサイエンティストが来日
  • 今回のデベロッパーキャンプでもライトニングトークを実施!
  • SQL Server向けデータベースツールスイート登場!
連載:
  • Embarcadero Developer Network - EDN新着記事情報

2011年、イベントのスタートは名古屋~大阪のツアーで!

好評のデベロッパーキャンプを東京開催に先駆けて名古屋、大阪のツアーで開催。エンバカデロ・テクノロジーズでインターナショナルビジネスを統括する海外担当副社長兼ジェネラルマネージャーNigel Brown(ナイジェル・ブラウン)がエンバカデロの製品戦略を講演。64-bitサポートを進めるDelphi / C++Builderの現在と将来、 ToolCloudテクノロジーの展開など、最新の情報をお届けします。

東海、近畿地方の皆さん、ぜひご参加ください!

名古屋開催 - エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン名古屋 2011
 日程: 2011年3月2日(水) 13:30~17:00 (13:15 受付開始)
 会場: 愛知県産業労働センター ウインクあいち 13F 特別会議室A 1303
 参加費: 無料(事前登録制)

大阪開催 - エンバカデロ・デベロッパーキャンプツアー・イン大阪 2011
 日程: 2011年3月3日(木) 13:30~17:00 (13:15 受付開始)
 会場: 大阪ビジネスパーク クリスタルタワー 20F A会議室
 参加費: 無料(事前登録制)

Delphi / C++Builder Starter エディション登場!

2011年2月1日、エンバカデロ・テクノロジーズは、Delphi / C++Builderに新しくエントリーレベルのエディション「Starter」を販売開始することを発表しました。Starterエディションは、従来エディションの2割以下の価格で購入でき、1,000 USドル未満の年間売り上げで、5人以下の開発チームであれば、商用開発にも利用できます。趣味や学習にはもちろん、フリーウェア/シェアウェアの開発、スタートアップ企業の開発用にも最適です。
 
詳細は、以下のWebページをご覧下さい。

デベロッパーキャンプは3月30日、Delphiチーフサイエンティストが来日

「第19回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」は、2011年3月30日の開催が決定。現在受付開始に向けて最終調整が進んでいます。

今回は、Delphiのチーフサイエンティストを務めるアレン・バウワーの来日が内定しています。Delphiの明日のテクノロジーを描く彼が、日本のユーザーの皆さんの前で講演するのは、初の機会となります。Delphiの64-bitサポートが迫るこの時点での来日は、まさにベストタイミングでしょう。まもなく、Webサイトもオープン。エンバカデロのWebサイトTwitterに注目していてください!

スピーカー紹介:アレン・バウアー(Allen Bauer)
エンバカデロの開発ツールDelphiのチーフ・サイエンティストとして、製品全体の技術やアーキテクチャに関して責任を持っており、製品の将来の方向性の策定と技術的傾向を研究に従事している。1992年、Turbo Pascal開発チームのエンジニアとしてボーランドに加わり、最初のDelphi開発チームの一員となり、アプリケーションフレームワークとIDEの双方に関わってきた経歴を持つ。
 

今回のデベロッパーキャンプでもライトニングトークを実施!

3月30日に開催を予定している「第19回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」でも、前回好評を博した「ライトニングトーク」の実施を計画しています。5分という制限時間の中で、DelphiやC++Builder、ER/Studioをはじめとするエンバカデロのツールを利用した開発事例、開発のエピソード、ちょっとしたプログラミングテクニックなど、楽しくてちょっと役に立つエピソードをスピーチ。ぜひ、皆さんも挑戦してください。

参加を希望される方は、japan.info@embarcadero.com まで、「ライトニングトーク参加希望」という件名で以下の情報を記載したメールをお送りください。

  • お名前(ハンドル名等で参加される場合はその旨明記ください)
  • 会社名(個人として参加される場合は不要)
  • 連絡先(電話番号)
  • トークのタイトルと概要
  • PC持ち込み あり/なし

ライトニングトークの様子を知りたい方は、ぜひこちらのビデオをご覧ください。

SQL Server向けデータベースツールスイート登場!

Microsoft SQL Server を利用している開発者、データベース技術者に朗報です。エンバカデロのデータベースツールのSQL Server向けバージョンをパッケージしたスイート製品がリーズナブルな価格でリリース。これまで手が出なかったデータベースパフォーマンスチューニング製品や管理ツールが、超お得な価格でお求めいただけます。

DB PowerStudio for SQL Server Developer Edition
SQL Server データベース向けの開発に必要なすべてのツールが搭載されたスタジオ製品

希望小売価格:¥140,000(税別)※別途年間メンテナンス費用が必要

含まれる製品:

  • Rapid SQL for SQL Server Professional Edition
  • DB Change Manager for SQL Server Professional
  • DB Optimizer for SQL Server Professional

DB PowerStudio for SQL Server DBA Edition
SQL Server データベースの管理に必要なすべてのツールが搭載されたスタジオ製品

希望小売価格:¥260,000(税別)※別途年間メンテナンス費用が必要

含まれる製品:

  • DBArtisan for SQL Server Workbench
  • Rapid SQL for SQL Server Professional
  • DB Change Manager for SQL Server Enterprise
  • DB Optimizer for SQL Server Professional

詳細はこちらをご覧ください。

Embarcadero Developer Network - EDN新着記事情報

主なEDN新着記事:

さらに、CodeRage 5 関連のビデオが多数掲載されています。以下のページをご覧ください。

その他のEDN新着記事は こちら

エンバカデロブログより:

 

編集後記:

エンバカデロ新人営業の平田です。今回、サンフランシスコで開催されたキックオフに初めて参加してきました。本社をはじめ海外のスタッフと直接会うことができ、新しい製品戦略についてもいち早く聞くことができて、大変有意義な時間を過ごせました。2011年のエンバカデロの展開が、今から楽しみです。皆さんにこれらの戦略をお伝えする機会として、名古屋、大阪、東京の3都市でイベントを開催します。ぜひ、ご参加ください。

 

dcamp_tour_sm

明らかになる64-bit Delphi、
そしてToolCloudも次の展開へ...

好評のデベロッパーキャンプを東京開催に先駆けて名古屋、大阪のツアーで開催します。

名古屋開催(2011年3月2日)
大阪開催(2011年3月3日)
 

ultimate_aa_180x40

エンバカデロツールユーザーの方は、開発ツールの新バージョンに加え、1年間のメンテナンス、他のデータベースツールも利用可能。超お得なマイグレーションキャンペーン実施中!

詳細はこちら...

 
お問い合わせ:
エンバカデロ・テクノロジーズ
インフォメーションサービスセンター

TEL:03-4577-4520
japan.info@embarcadero.com

 

エンバカデロの最新情報は、 Embarcadero Developer Network または Twitter で入手してください!

Copyright © 2011 Embarcadero Technologies, Inc. All rights reserved. Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。

エンバカデロ・テクノロジーズ - www.embarcadero.com/jp


Server Response from: ETNASC03