Embarcaderoニュースレター - 2010年6月号

By: Toru Horie

Abstract: 祝W杯日本代表予選突破◆システム性能向上のカギは?

E M B A R C A D E R O - N E W S L E T T E R

H E A D L I N E


 
新着記事:
 
  • データベースのパフォーマンス最適化が重要な理由
  • そのデータベースの最適化を学ぶには、Webセミナーシリーズがお薦め
  • データベースのパフォーマンス最適化といえばDB Optimizer - キャンペーンも要チェック
  • .NET/Mono開発環境「Delphi Prism 2011」 - その先進の言語機能とは?
  • バーチャルイベント「DataRage 2」セッション録画ビデオを公開
  • Twitterでエンバカデロをフォローしよう! - コミュニケーション展開編
連載:
 
  • Embarcadero Developer Network - EDN新着記事情報

「エンバカデロ・ニュースレター」では、エンバカデロ製品に関する最新の技術情報やイベント情報、キャンペーン情報などをお届けします。
 

日本中が盛り上がったサッカーワールドカップ予選、日本対デンマーク戦。エンバカデロのスタッフも熱い声援を送ったり、複雑な気持ちで影ながら応援したり。29日 23時からは、いよいよパラグアイ戦ですね。忘れずに応援しましょう!

もうひとつ忘れてはならないのは、Delphi/C++Builderの価格でフルセットのRADツールを手に入れよう「Get More」キャンペーン。お得なキャンペーンも本日【6月28日】いっぱいの注文までです!さて、今回は、システムの性能向上について、データベースのパフォーマンス問題にフォーカスを当ててみました。

データベースのパフォーマンス最適化が重要な理由


システムの性能向上を考えるときに、データベースのパフォーマンスは、見逃すことのできないポイントです。効率的なデータ構造、データ転送の速度、ストレージサイズなど、日々増加するデータに対して、パフォーマンスへの影響は深刻です。

システムの性能向上問題で、しばしば大きなトラブルとなるのが、データベースアクセス。RDBMSのチューニングテクニックだけではすまされない、根の深い問題を抱えていることがあるので、要チェックなのです。

詳細はこちら:

そのデータベースの最適化を学ぶには、Webセミナーシリーズがお薦め


エンバカデロでは、適切なデータベースシステムを構築するためのWebセミナーシリーズを企画しました。順番に受講いただくことで、基本から応用まで、また現場レベルから管理レベルまで幅広い知識が得られます。

  • 2010/6/30 18:00~ 「チュートリアル:すぐに始められるデータベース設計とSQL文の作成」
  • 2010/7/7  18:00~ 「データベース設計ツールER/Studioの概要と効果的活用法」
  • 2010/7/14 18:00~ 「システム品質を高めるデータベースツールからのアプローチ」
  • 2010/7/21 18:00~ 「新規プロジェクト開発に必須、データベースの情報共有インフラの活用」
  • 2010/7/28 18:00~ 「異種データベース利用者必見! 管理負荷を軽減するベストプラクティス」

⇒ エンバカデロ主催のWebセミナーお申込みはこちらから

※ 7月7日のWebセミナーは、日揮情報システムとの共同開催になります。このセミナーのみ、申込みページが異なりますのでご注意ください。

⇒ 7月7日のWebセミナーの詳細・お申込みはこちら

データベースのパフォーマンス最適化といえばDB Optimizer - キャンペーンも要チェック


データベースのパフォーマンス改善に威力を発揮する話題のDB Optimizer。別途購入するにはちょっとコストが...という方は、キャンペーンを見逃していませんか?

RAD Studio Enterpriseの価格で RAD Studio 2010 Architect+DB Optimizer XE を購入できるキャンペーン。期限は本日【6月28日】まで!絶対にお得です。

Delphi / C++Builderをご利用の方、これから購入しようという方も要チェック。DelphiまたはC++Builderの価格でRAD Studio 2010を購入できるキャンペーン期限は本日【6月28日】まで

DB Optimizerの強力なSQLチューニング機能は、これまで難しかった手作業のSQLパフォーマンス改善作業を飛躍的に効率化します。この話題のツールに関する新着情報をお知らせします。

.NET/Mono開発環境「Delphi Prism 2011」 - その先進の言語機能とは?


先進の言語機能を搭載したDelphi Prism。他の.NET系プログラミング言語では実現できていない言語機能も提供しているというのが特長です。カタログレベルの説明では、具体的にどういう言語機能なのか分かりにくい。そういった声に、エンバカデロでエヴァンジェリストを務める高橋(智)が、具体例を挙げて解説します。

バーチャルイベント「DataRage 2」セッション録画ビデオを公開


2010年5月25日~27日(米国時間)、バーチャルイベントとして開催されたDataRage 2。日本時間では深夜の開催となったため、ライブでは参加できなかった方が多かったと思います。そのセッションの録画ビデオを公開。

Delphiによる開発からInterBase、DBツールに至るまで、データベースに関わる幅広い内容のセッションをご覧いただけます。

※セッションビデオの音声、プレゼンテーションは英語です。

Twitterでエンバカデロをフォローしよう! - コミュニケーション展開編


エンバカデロでは、http://twitter.com/embarcadero_jp から、さまざまな情報発信/コミュニケーションを行っています。いよいよフォローワーも700名に!「ツイッター」 聞いたことはあるけど、ちょっと億劫で。そんな方も、エンバカデロのフォローから「ツイッター」を始めましょう。

「ツイッター」の始め方については、まず、以下のバックナンバーをご覧ください。

ハッシュタグを使ってみよう
ハッシュタグは、#xxx のように「#」で始まる短いキーワードです。メッセージの中にハッシュタグを入れておくと、検索画面などで一覧表示することができます。

仲間同士でハッシュタグを決めておけば、関連する話題のメッセージだけを確認したり、共有することができるようになります。

例えば、ワールドカップでは、#worldcup#2010w などのタグがあり、日本代表については、これに、#jpn を組み合わせて使ったりしています。

※発言するときは、ハッシュタグの前後に半角スペースを入れるのを忘れないようにしましょう。

エンバカデロでも、デベロッパーキャンプ用の #dcamp_jp のように、イベントなどを実施するときに、ハッシュタグを決めて情報を共有しています。

エンバカデロスタッフとも直接交流してみよう
ツイッターの魅力は簡単に双方向の会話ができること。エンバカデロのスタッフの多くもツイッターアカウントを持っていますので、直接コミュニケーションしてみてください。主なスタッフのツイッターを紹介します。

Embarcadero Developer Network - EDN新着記事情報


主なEDN新着記事:

その他のEDN新着記事はこちら

エンバカデロブログより

 

エンバカデロの最新情報は、 Embarcadero Developer Network Embarcadero Developer Networkまたは Twitter で入手してください!

編集後記

エンバカデロのマーケティング堀江です。今月はアップルからiPadやiPhone4の発売があり、Macデバイス上で動作するアプリケーション開発が盛り上がっているようです。最近では学生やサラリーマン、引退後の70代の方でもアプリケーション開発に挑戦している方がいるそうです。そんな中で発表したDelphi Prismが新たな開発手法の流れを作ろうとしています。Delphiの特長である簡単で分かりやすい開発環境を受け継ぎ、高機能なアプリケーション開発環境でライバルに差をつけてみませんか?Delphiの経験をお持ちの方なら、同等の感覚でiPhoneやiPAD用のアプリケーションを思い通りに開発できます。最新のDelphi Prismが入手できるお得な「Get Moreキャンペーン」は本日最終日。今すぐチェック!

Delphi Prismで開発されたiPhoneアプリが大ヒットするのを楽しみにしています。

 

このニュースレターの購読を希望される方は、 EDNメンバーズ登録で、[Eメール]項目をチェックしていただく(必ず[国]項目で「Japan」を選択してください)か、 エンバカデロ・テクノロジーズ インフォメーションサービスセンターまでご連絡ください。

Copyright © 2010 Embarcadero Technologies, Inc. All rights reserved. Embarcadero、Embarcadero Technologies ロゴならびにすべてのエンバカデロ・テクノロジーズ製品またはサービス名は、Embarcadero Technologies, Inc.の商標または登録商標です。その他の商標はその所有者に帰属します。

エンバカデロ・テクノロジーズ


Server Response from: ETNASC04