C++Builder 2009 ファーストガイド 第三回「総合開発環境(IDE)の説明」

By: Kenji Umeda

Abstract: C++Builder2009の統合開発環境(IDE)の説明

このファーストガイドは、これから C++Builder 2009を使い始める初心者の方を対象に 10回に分けて基本的事項を説明していきます。

第三回は C++Builder 2009の総合開発環境(IDE)の特徴について説明します。

blank

C++Builderを起動すると「統合開発環境」と呼ばれる各種ツールや複数のペインによって構成された画面が表示されます。

Hide image
Click to see full-sized image

図1: デフォルトレイアウトによるC++Builderの統合開発環境

blank

C++Builder 2009のバージョンから、メニューやプロパティといった統合開発環境内で表示可能なあらゆる項目が全てUnicodeに対応しています。

統合開発環境の各部の名称は、次の通りです。

(1)メインメニュー

(2)オブジェクトインスペクタ

(3)フォームデザイナ

(4)プロジェクトマネージャ

(5)ツールパレット

統合開発環境は、C++Builderの新しいバージョンがリリースされるごとに機能の追加や改良が行われていますが、ここでは、統合開発環境を構成する基本的なメニューやウィンドウに関する概要を説明します。

blank

    1.メインメニュー

メインメニューは、画面の一番上に表示されます。

Hide image
Click to see full-sized image

図2: メインメニュー

blank

またメインメニューは、次の要素によって構成されています。

・メニューバー

・ツールバー

blank

    1.1 メニューバー

メニューバーには、次のようなメニュー項目があります。

メニュー

説明

ファイル

プロジェクトやファイルの新規作成、開く、閉じる、保存

編集

テキストやコンポーネントのコピー、貼り付け、削除

検索

ファイルやテキストの検索、置換など

表示

各種ツールやIDEウィンドウの表示、ファイルの表示

リファクタリング

コードのリファクタリングを行います。

プロジェクト

プロジェクトへのファイルの追加、削除、コンパイル

実行

アプリケーションの実行、デバッグ

コンポーネント

コンポーネントの作成、インストール、パッケージの管理

ツール

オプション設定、各種ツールの実行

ウィンドウ

フローティングウィンドウ(アンドッキング)が有る場合、ウィンドウの切り替え用

ヘルプ

C++Builderのへルプの起動

メニューバーのメニュー項目をクリックすると、ドロップダウンメニューが表示されます。

blank

Hide image
Click to see full-sized image

図3: プロジェクト新規作成メニュー

blank

ここでは、[ファイル]-[新規作成]-[VCLアプリケーション]を選択することで、新規プロジェクトを作成できます。

blank

    1.2 ツールバー

ツールバーには、よく使用するメニューの機能が登録されています。

メニューバーでは、新規プロジェクトを作成するのに[ファイル]-[新規作成]-[その他]を選択しますが、ツールバーでは[新規作成]のアイコンを1回クリックするだけで同じ操作が行えます。

Hide image
ToolBar_1

図4:新規作成のツールバー

blank

また各ツールバーの左端にある縦の点線部分をマウスでドラッグすることで、ツールバーの表示位置を変更できます。

Hide image
ToolBar

図5: ツールバーの移動

blank

さらにドラッグをした状態で、メインメニューの外までドラッグすると、特定のツールバーをメインメニューから切り離すことができます。

Hide image
ToolBar_Move3

図6: ツールバーの分離

blank

もう一度メインメニューへ分離したツールバーをドラッグすると、ツールバーをドッキングすることができます。

またツールバーは、メインメニュー上でマウスを右クリックし、[カスタマイズ]を選択することによって、表示項目をカスタイズすることができます。

Hide image
ToolBar_3

図7-1: ツールバーのカスタマイズ

Hide image
ToolBar_Menu2

図7-2: ツールバーのカスタマイズ

blank

    2.ツールパレット

ツールパレットには、統合開発環境にインストールされたすべてのVCLコンポーネントが登録されています。

(デフォルトでは、C++Builder 2009出荷時に含まれるすべての標準コンポーネントが含まれます。)

また各コンポーネントは、それぞれ「パレットページ」と呼ばれるカテゴリごとに区切られたページに登録されています。

Hide image
Click to see full-sized image

図8: ツールパレットの表示

blank

図8の「Standard」や「Win32」、「Data Access」といった折りたたみ可能な項目が「パレットページ」であり、「TEdit」や「TButton」が登録されているコンポーネントになります。

このパレットページは独自に追加することができ、他のパレットページからのコンポーネントの移動もドラックアンドドロップで簡単に行え、ツールパレットの自由なカスタマイズが可能です。

blank

またツールパレットには、非常に多くの種類のコンポーネントが登録されているため、どのパレットページにどんなコンポーネントが登録されているか、すぐに見つけられない事があります。

そんな時には、ツールパレットのフィルタ検索機能を利用し、テキストボックス内に検索したいコンポーネントの名前の一部を入力することで、その文字列に一致したコンポーネントだけを表示することができます。

Hide image
パレット

図9: ツールパレットのフィルタ検索

blank

このフィルタ検索機能は、必要なコンポーネントを迅速に見つけたい時にとても便利です。

コンポーネントの使い方やツールパレットへの登録方法については、以降の章で詳しく説明します。

blank

    3.コードエディタ

コードエディタはタブ付きウィンドウになっており、一度に複数のソースファイルを開くことができます。

またUTF8に対応しているため、Unicode文字を含んだコードの表示/編集/保存が行えます。

Hide image
Click to see full-sized image

図10: コードエディタ

blank

コードエディタは、リファクタリング、構文強調表示、コード補完、コード参照、ライブテンプレート、ヘルプインサイト、キー入力マクロといったカスタマイズ可能で強力な支援機能が搭載されています。

以下、コード補完に関する機能の一例です。

Hide image
Click to see full-sized image

図11: コード補完

blank

コード補完は、タイピング時に入力中の構文を完成させる候補をドロップダウンリストで表示する機能です。

blank

Hide image
Click to see full-sized image

図12: パラメータインサイト

blank

パラメータインサイトは、現在入力中の関数やプロシージャのパラメータを小さいボックスにヒント表示する機能です。パラメータインサイトを呼び出すには、単純にプロシージャ名を入力して、括弧 ‘(‘ をタイプするだけです。CTRL+SHIFT+スペースキーを押すと、手動で呼び出すことができます。

blank

    4.フォームデザイナ

フォームデザイナは、WindowsのGUIアプリケーションを作成するための土台となるウィンドウです。

ツールパレットから必要なコンポーネントをドラッグアンドドロップし、フォーム上の任意の位置へ配置することで簡単に画面の設計が行えます。

またフォーム自身の大きさや位置なども、マウスによって自由に変更が可能です。

Hide image
Click to see full-sized image

図13: フォームデザイナ

blank

フォームデザイナには、デザイナガイドライン機能が備わっており、位置合わせや余白を制御できます。

隣り合うコントロールに対して適切な位置に配置できるように、コントロールのエッジに表示されます。

Hide image
Form

図14: デザイナガイドライン

blank

フォームデザイナの使用方法については、次の章で説明します。

blank

    5.オブジェクトインスペクタ

オブジェクトインスペクタは、選択したコンポーネントのプロパティを変更したり、コンポーネントに発生したイベントに応答するコードを管理するためのウィンドウです。

プロパティは、文字や数値の入力を行うものやドロップダウンリストのような一覧から選択するものなど様々なタイプがあります。

Hide image

図15: フォームのプロパティ表示

blank

またオブジェクトインスペクタの[イベント]タブをクリックすることで、選択しているオブジェクトのイベントハンドラを表示します。

Hide image
OI

図16: フォームのイベント表示

blank

オブジェクトインスペクタのプロパティやイベントの表示は、デフォルトでは「名前順」になっていますが、「カテゴリ別」に表示することもできます。オブジェクトインスペクタ上でマウスを右クリックし、[表示形式]-[カテゴリ別]を選択します。

Hide image
OI3

図17: オブジェクトインスペクタの表示形式の切り替え

blank

Hide image
Oi2

図18: オブジェクトスペクタのカテゴリ別表示

blank

オブジェクトインスペクタは、フォームデザイナと同じくユーザーインターフェース画面を設計していく上で非常に重要な役割を持つウィンドウです。

フォーム上に配置されたコンポーネントをオブジェクトインスペクタでプロパティの値を変更することによって、コーディングを行わなくても、コンポーネントに対して外観や振る舞いを変更することができます。

オブジェクトインスペクタの使い方については、次の章で説明します。

blank

    6.オブジェクトリポジトリ

オブジェクトリポジトリには、様々な種類のアプリケーションを作成するために必要なテンプレートが用意されています。

C++Builderでは、オブジェクトリポジトリを利用し、Windowsアプリケーション、DLL、コンソール、Webサービス、ActiveXに対応したプロジェクトやファイルを作成できます。

Hide image
19

図19: オブジェクトリポジトリ

blank

このダイアログボックスは、メニューバーの[ファイル]-[新規作成]-[その他]で表示します。

また別の方法としてプロジェクトを開いていない、もしくはフォームデザイナを選択していない状態で、オブジェクトリポジトリに登録されているオブジェクトをツールパレットから選択することができます。

Hide image
20

図20: ツールパレットでのオブジェクトリポジトリの表示

blank

オブジェクトリポジトリへ登録されているオブジェクトもツールパレットのフィルタ検索機能を利用して、すばやく見つけることができます。

Hide image
21

図21: オブジェクトリポジトリのフィルタ検索

blank

また既存のプロジェクトをオブジェクトリポジトリへ登録し、テンプレートとして再利用することができます。

オブジェクトリポジトリへの登録は、既存のプロジェクトを開いた状態で、メニューバーの[プロジェクト]-[リポジトリに追加]を選択します。

Hide image
22-1

図22: リポジトリ追加

blank

ここでは、タイトルとして「MyProject」という名前を付けています。この名前がオブジェクトリポジトリに表示されます。[OK]ボタンを押すと、オブジェクトリポジトリに登録されます。

またオブジェクトリポジトリへ追加したオブジェクトの管理は、メニューバーの[ツール]-[リポジトリ]で表示されるダイアログで行います。

Hide image
Click to see full-sized image

図23: リポジトリの管理

blank

このダイアログ画面で、追加したリポジトリオブジェクト対する編集や削除が行えます。

このようにオブジェクトリポジトリには、すぐにアプリケーション開発に活用できるテンプレートやフォームが数多く含まれています。これらのテンプレートを利用することで、クラスライブラリ、コントロールライブラリ、コンソールアプリケーションなどの様々なプロジェクトを作成できます。

オブジェクトリポジトリに含まれているテンプレートについては、次の章以降で随時説明します。

blank

    7.プロジェクトマネージャ

プロジェクトマネージャは、フォーム、実行可能ファイル、オブジェクト、ライブラリファイルなどを含むプロジェクトを複数管理することができるプロジェクトグループを作成し、それを一元管理します。

プロジェクトマネージャの表示は、メニューバーの[表示]-[プロジェクトマネージャ]で行えます。

Hide image
PM

図24: プロジェクトマネージャ

blank

C++Builderでは、新規プロジェクトの作成を選択すると、最低1つのプロジェクトグループとそのグループに属する1つのプロジェクトが作成されます。

プロジェクトを複数管理したい場合には、既存のプロジェクトグループに対してプロジェクトを追加していきます。

Hide image
PM2

図25: プロジェクトグループへプロジェクトの追加

blank

既存のプロジェクトグループへプロジェクトを追加するには、以下の2つの方法があります。

(1) [追加]アイコンをクリックする

(2)プロジェクトグループ(ここでは、ProjectGroup1という名前)のノード上で、マウスを右クリックし、[新規プロジェクトを追加]、もしくは[既存のプロジェクトを追加]を選択する

blank

またC++Builderのプロジェクトマネージャでは、複数のプロジェクトを管理できますが、同時にアクティブにできるプロジェクトは1つです。

例えば、以下のような動作を行った時、反映されるのは現在アクティブなプロジェクトになります。

・[ファイル]-[新規作成]から、パッケージ、ユニット、フォームの追加

・プログラムの実行ボタン[F9]

・プロジェクトのビルド[Shift+F9]

など

blank

プロジェクトマネージャの[アクテイブ化]メニューからアクティブへ変更したいプロジェクトを切り替えることができます。

Hide image
PM3

図26: プロジェクトのアクティブ化

blank

またプロジェクトマネージャ内で任意のプロジェクトをダブルクリックすることでアクティブに変更もできます。

アクティブなプロジェクトは、太字で表示されます。

blank

    8.デスクトップレイアウトの設定

C++Builderの統合開発環境では、特定のデスクトップレイアウトを設定し、自由な形式でカスタマイズすることができます。

デフォルトでは、以下の3種類のレイアウトが予め用意されています。

・Classic Undocked

・Debug Layout

・Default Layout(C++Builder起動時のデフォルト)

blank

例えば、レイアウトとして「Classic Undocked」を選択すると、ウィンドウやペインがドッキングされていないC++Builderの旧バージョンのような感じで表示することができます。

Hide image
Click to see full-sized image

図27: デスクトップレイアウトのClassic Undocked表示

blank

デスクトップレイアウトの切り替えは、図29のようにツールバーのドロップダウンリストから候補を選択します。

※メニューバーの[表示]-[デスクトップの配置]からも行えます。

Hide image
Click to see full-sized image

図28: デスクトップレイアウトの切り替え

blank

また自分の使いやすい画面やメニュー配置にカスタマイズしたレイアウトを保存したいときは、ツールバーの[現在のデスクトップ設定を保存]のアイコンをクリックします。

※メニューバーの[表示]-[デスクトップの配置]-[保存]からも行えます。

Hide image
無題

図29: デスクトップレイアウトの保存

blank

そして[デスクトップの保存]のダイアログで、任意の名前を付けて保存します。

Hide image
無題1

30: デスクトップ保存

blank

図30で保存されたデスクトップは、ドロップダウンリストから選択可能になります。

Hide image
無題2

31: デスクレイアウトの選択

blank

このようにしてC++Builderのデスクトップを自分の使いやすいようにカスタマイズすることができます。

blank

    あとがき

第三回は、C++Builder 2009の統合開発環境の各部の名称や構成要素の理解を目的として、その特徴について記載いたしました。

第四回は、「プログラミング手順(前編)」です。今回紹介した統合開発環境の具体的な使い方も交えまして、

「プロジェクトの作成」、「 コンポーネントの配置」、「プロパティの設定」、「イベントハンドラの設定」、 「コンパイル」、「プログラムの実行」までの基本的な開発手順を説明する予定です。

Server Response from: ETNASC03