InterBase 2009 Hotfix Update 2 (version 9.0.2.369) リリースノート

By: Tomohiro Takahashi

Abstract: InterBase 2009 Hotfix Update 2 リリースノート。この記事には、インストール手順および不具合修正情報が含まれます。

<_o3a_smarttagtype name="place" namespaceuri="urn:schemas-microsoft-com:office:smarttags">

    InterBase 2009 Hotfix Update 2 リリースノート

更新日: 2009年5月2日

 

このファイルには、オンラインヘルプには記述されていない重要な情報が記載されています。このファイルの内容を全てご一読されることをお勧めします。Hotfix Update 2は、インストール済みのあらゆるInterBase 2009に適用可能な累積パッチで、InterBase 2009の初期リリース(version 9.0.0.206)以降に対処した全ての修正が含まれます。このアップデートは、http://cc.embarcadero.com/reg/interbase からダウンロード可能です。なお、Windows版の日本語版については「InterBase SMP 2009 Hotfix Update 2 for Windows」をダウンロードしてください。

    インストール手順

    Windows

InterBase2009Update2_Windows.exe を実行します。インストール方法は次の3つから選択できます:

§         Server and Client
インストールするフォルダを選択します。インストール済みのInterBaseのバイナリファイルが置き換えられます。インストール前には必ずInterBaseサーバーを停止しておいてください。

§         Client only
IBConsoleおよびInterBase JDBC Driver(Type4)がインストールされます。

§         Extract Files only
指定したフォルダにホットフィックス対象のファイルをコピーします。その後、手動でファイルを置き換えてください。

    Linux

InterBase2009Update2_Linux.tarを展開します。既存のファイルを取り出したファイルで置き換えます。適用前には必ずInterBaseサーバーを停止しておいてください。

    Solaris

InterBase2009Update2_Solaris.tarを展開します。既存のファイルを取り出したファイルで置き換えます。適用前には必ずInterBaseサーバーを停止しておいてください。また、このアップデートを適用する前に、Solaris 10 Update 3 またはそれ以降のシステムパッチがインストール済みであることを確認してください。

    Mac OSX

InterBase2009Update2_Macosx.zipを展開します。展開したファイルを右クリックして、"Open"(開く)を選択します。インストール手順に従って、インストール済みのInterBase 2009をアップデートします。アップデートプログラムが適切なファイルを置換できるように、必ずInterBaseがインストールされた正しいフォルダを選択してください。

    修正された問題

InterBase 2009 Hotfix Updateで修正された問題は以下のとおりです。

Internal Defect #

External Defect # (QC)

Description

Hotfix Update 2: 20-Mar-2009, version 9.0.2.369 (Windows, Linux, Solaris, MacOSX)

254988

 

Query with explicit and implicit joins results in “no current record for fetch operation” error

256996

 

Distinct in nested queries can return incorrect results

257272

65388

concurrent delete and select (and probably insert) cause database to be corrupted. "internal gds software consistency check (exceeded index level)" error in interbase.log

257670

57839

Join with Stored Procedure returns incorrect results

259585

 

Inner Join between two views which both have left joins results in error “no current record for fetch operation”

260489

 

If journal files are lost, connecting to the database may fail.

Fix notes: A new GFIX switch (-disable wal) is provided to disassociate a database from its journal files. No cleanup of the journal files or journal archive files is attempted and it is the case that committed data may have been lost. This could occur because the lost or inaccessible journals may have committed data that was never applied to the database files proper. However, it becomes possible to attach the database to access existing data contained therein.

261953

 

Rogue TCP packet could cause server crash

261974

 

Server crash with big SORTMEM_BUFFER_SIZE on restore

263533

OTW: malformed connection string leads to server hang

265145

Invalid data entered into a Unicode column hangs client on retrieval operation

265481/2

Journaling and encryption combination fails with “decryption of encryption value failed”

265601

 

Running GBAK as a service incurs high CPU usage in the server

265824

 

Queries based on fields where the character_set_name and collation_name do not match and there is an index return no records

265905

 

Security vulnerabilities exploited by rogue clients

267372

 

InterBase cannot propogate events on both interfaces of a multihomed host

267433

 

Exceptions only displays first 67 characters. They should display 78 characters

267550

 

Server crashes with BUS alignment error on Solaris 10

267860

70915

Sweep under some conditions causes error "Maximum user count exceeded" and "Request depth exceeded for IRQ_93" in interbase.log

267874

 

Many users doing many inserts causes InterBase server crash with seg fault on Windows or Solaris if there are multiple CPUs

267963

 

After connecting to employee.gdb, subsequent validation of the database with gfix results in interbase.log having numerous "Page xxx is use but marked free"

268016

 

InterBase Services API has problems working on Windows Terminal Services

Hotfix Update 1: 23-Sep-2008, version 9.0.0.226 (Windows) : 9.0.0.228 (Linux, Solaris, MacOSX)

65959

Backup/Restore of encrypted databases not supported in IBConsole

265043

Encryption failed when database or column has a character set

265241

Re-encrypting a column crashes the server

258311

Restore using gbak with buffers set high and -o (one at a time) causes server to crash.

JDBC: DataBaseMetadata.getTables() does not work with delimited tables/columns

JDBC: DataBaseMetadata.getTables() wrong ordering of resultset

JDBC: does not recognize InterBase 2009 reserved words

    更新されるファイル一覧

このアップデートで更新されるファイルは以下のとおりです。

    Windows

§         ibserver.exe (bin ディレクトリ)

§         gfix.exe (bin ディレクトリ)

§         IBConsole.exe (bin ディレクトリ)

§         IBConsole.jp (bin ディレクトリ)

§         gds32.dll (bin ディレクトリ)

§         interclient.jar (SDK\lib ディレクトリ)

§         readme.html

    Linux, Solaris , Mac OSX

§         ibserver (bin ディレクトリ)

§         gfix (bin ディレクトリ)

§         libgds (lib ディレクトリ)

§         interclient.jar (lib ディレクトリ)

§         readme.html

 

Copyright © 2009 Embarcadero Technologies Inc. All CodeGear brand and product names are trademarks or registered trademarks of Embarcadero Technologies in the United States and other countries. All other marks are the property of their respective owners.

Server Response from: ETNASC04