エンバカデロ・テクノロジーズ無料セミナー

By: Hitoshi Fujii

Abstract: エンバカデロでは、ソフトウェア開発に関するさまざまな問題解決のためのツールを紹介する無料セミナーを開催しています。

 エンバカデロ・テクノロジーズでは、アプリケーション開発ツール、データベースツールを活用したシステム構築に関する無料セミナーを開催しています。これらのセミナーでは、最新のエンバカデロツールを利用して、ソフトウェア開発を効率化する手法や、アプリケーション品質を高める方法などを、具体例を交えて紹介します。

参加費は無料(事前登録制)です。奮ってご参加ください。

エンバカデロ・テクノロジーズ無料セミナー
主催 エンバカデロ・テクノロジーズ
会場 ベルサール飯田橋 2F 会議室 2 <地図>
参加費 無料(事前登録制)
お申し込み

こちらのページからオンラインでお申し込みください。

  • 座席準備のため、事前申し込みにご協力下さい。
  • 定員を超過した場合には、大変恐縮ですが、お申込みをお断りさせていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
  • 本申し込みにより収集した個人情報につきましては、個人情報保護法及びエンバカデロ・テクノロジーズのガイドラインに基づき適 切に管理いたします。エンバカデロ・テクノロジーズのプライバシーポリシーの詳細につきましては、http://www.codegear.com/jp/about/privacyをご参照ください。
プログラム

    「Delphi / C++Builder 旧バージョンからの移行」

従来型のクライアントサーバーシステムは、現在でも多くの企業システムで重要な役割を担っています。新しいOS、データベース、あるいはインターネットやモバイルなどの環境に適合し、次世代のアーキテクチャに対応していくことは情報システム部門にとって難しい課題となっています。

Delphi / C++Builder では、従来のアプリケーション資産を活かしながら、新しいテクノロジーに対応していくアプローチを用意しています。このセミナーでは、具体的にどのように既存アプリケーションの移行に取り組み、どのような技術ポイントを検討するべきなのか、また、将来技術をどのように取り入れていくべきなのかを、具体例とアーキテクチャの解説とともに紹介します。

主な内容:

  • エンバカデロ・テクノロジーズの製品概要
  • Delphi / C++Builderの現在と将来
  • データベースアーキテクチャの変遷と選択すべき技術
  • 旧バージョンからの移行に関する全般的な問題

開催日程:

 

    「アプリケーションパフォーマンス改善の手法」

パフォーマンス問題は、開発の最終段階になって初めて顕在化することが多く、開発プロセス全体の中での取り組みは見逃されがちです。システムのパフォーマンス問題をコードレベルに掘り下げて考えたときに、アプリケーションコードとSQLコードに多くの問題が隠れているといえます。

エンバカデロでは、パフォーマンス問題に開発フェーズから対応していくソリューションとして、Java向けのJ Optimizer、データベースのSQLコード向けのDB Optimizerを用意しています。これらのツールを使って、パフォーマンス問題を解決していく手法を、具体例とともに紹介します。

主な内容:

  • エンバカデロ・テクノロジーズの製品概要
  • エンバカデロのパフォーマンスツール
  • コード面での検討事項(パフォーマンス、メモリリーク、スレッドなど)
  • JEEアプリケーションにおけるパフォーマンス改善
  • データベースのパフォーマンス改善

開催日程:

 

    「クライアントサーバー開発者のためのデータモデリング活用法」

Delphi / C++Builderでデータベースを利用する開発者を対象に、データモデリングの実践的な活用方法を紹介します。ER/Studioは、既存のデータベーススキーマからモデルを作成することができるので、既に存在するデータベースを他のプラットフォームに移行したり、構造を拡張、改善するために活用することもできます。

このセミナーでは、ER/Studioの概要を紹介し、クライアントサーバー開発者の視点から、ER/Studioによるデータモデリングの機能を使って、データベース関連のタスクを効率化する手法をデモを交えて解説します。

主な内容:

  • エンバカデロ・テクノロジーズの製品概要
  • ER/Studioの概要
  • モデルを使ったデータベーススキーマのインポート/エクスポート
  • モデルを使った既存のデータベース設計の改善
  • Delphi / C++Builderでの適切なデータアクセス実装

開催日程:

Server Response from: ETNASC01