第10回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ、盛況のうちに終了!

By: Hitoshi Fujii

Abstract: 10回目となるデベロッパーキャンプは、東京(9/9)と大阪(9/11)の双方で開催致しました。総計320名を越える開発者の皆さんにお集まりいただきました。

第10回 エンバカデロ・デベロッパーキャンプ


2008年9月9日(東京)、11日(大阪)の2日間、10回目となるデベロッパーキャンプが開催されました。2日間合わせて、総計320名を越える開発者の皆さんにお集まりいただきました。ありがとうございました。

開催概要

第10回  エンバカデロ・デベロッパーキャンプ
 主催
エンバカデロ・テクノロジーズ
 協賛 日揮情報ソフトウェア株式会社、 株式会社ミガロ
 日程・会場 東京開催:
 2008年9月9日(火)
 笹川記念会館(東京・田町/泉岳寺) < 地図 >
大阪開催:
 2008年9月11日(木)
 第二吉本ビルディング(JR大阪駅前) < 地図 >
 参加費
無料(事前登録制)
Hide image


Hide image
講師プロフィール

東京会場(9月9日)のプログラム


10:00~10:45
【G1】オープニングセッション
「コーポレートアップデート&DatabaseGearプロダクトオーバービュー」


(休憩)

11:00~12:00
【G2】ジェネラルセッション
「CodeGearプロダクトアップデート - ベールを脱ぐDelphi/C++Builder次期バージョン"Tiburon"」

Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

(同時通訳)

(昼休み)

13:15~14:15
【A3】DatabaseGearテクニカルセッション
「データモデリングを見直そう! - モデリングの基本とモデル駆動 DB 設計のポイント」

日揮情報ソフトウェア株式会社
技術本部 技術グループ モデリングスペシャリスト 山本 よしの

近年、開発環境の進化、ORMツールの発展などにより、データベースは開発者から見えにくくなっているようです。そのため、実際に開発が行われ、本番環境で大量のデータを使用する運用を開始した時、システムのメンテナンス改変を行った時などに、性能の低下やデータの重複が発生するケースが多く見られます。 これらの原因の多くは、システムの設計段階で、的確な論理モデル、物理モデルが設計されていないことにあります。本セッションでは、ER/Studioを利用した効果的なデータモデリングについて、事例を交えてご紹介いたします。

【B3】C++テクニカルセッション
「C++Builder次期バージョン"2009"活用法」

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋 智宏

このセッションでは、C++Builder 2009で追加された新機能を紹介します。また、遂に復活した「国際化支援機能」の利用方法についても解説します。

(休憩)

14:30~15:30
【A4】Delphi/C++テクニカルセッション
「Delphi 2009 / C++Builder 2009最新情報」

Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

コードネーム「Tiburon」という名称で知られていたDelphi 2009 / C++Builder 2009がいよいよ登場します。最新のIDEプラットフォーム、Delphiの新しい言語機能、VCLの機能強化や新コンポーネントなどについて、時間の許す限り紹介します。

(同時通訳)
【B4】Delphi/C++テクニカル/テクノロジートレンド
「Delphi/C++Builderで実践する並列プログラミング──マルチコアからクラスタへ」

株式会社イマジオム
代表取締役 高木 太郎

並列処理というと「C/C++やFortranでしかできない」と思われがちですが、実際にはDelphiやC++Builderを使っても簡単にできます。 このセッションでは並列処理の一般論を、特にマルチコアとクラスタの違いを明確にしながら解説します。またクラスタアプリケーションを開発するためのプラットホームとして当社製品の「HarmonyCalc」を取り上げ、プログラミングの実例を紹介します。

(休憩)

15:45~16:45
【A5】Delphiテクニカルセッション
「知って得する!現役ヘルプデスクが答えるDelphiテクニカルエッセンス3.0」

株式会社ミガロ
RAD事業部 技術支援課 顧客サポート 主任 吉原 泰介

Delphiのよくある問合せ、役に立つプログラムテクニックをDelphi/400ヘルプデスクから御紹介します。 今回はご要望の多いVCL for Webをテーマに基礎知識から開発上での問合せトピックのノウハウのフィードバックです。
【B5】PHPテクニカルセッション
「Delphi for PHP で作るリッチコンテンツブログ」

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋 智宏

このセッションでは、VCL for PHPに標準搭載されたコンポーネントをフル活用して、コーディング作業を可能な限り排除した、簡易ブログアプリケーションの作成手順を紹介します。

(休憩)

17:00~18:00
【A6】Delphiトークセッション
「Delトーーク!ボクのほしいDelphi」

Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

前回のDelphi座談会に続き、再びDelphiトークを開催。今回は、 DelphiプロダクトマネージャーのNickを前に、皆さんがプレゼンする番です。将来のDelphi像について、まじめにあるいはジョークを交えた5分間のプレゼンに挑戦してみませんか?

詳細はこちらの募集要項をご覧ください。

(同時通訳)
【B6】Rubyセッション
「Rubyコーディング作法 - きっと役に立つコーディング規約」

株式会社ネットワーク応用通信研究所
ネットワークSIグループ 研究員 小倉 正充

これまでの実務経験から得た、読みやすく他人と共有しやすいRubyプログラムを作成するのに役立つコーディング規約を紹介します。



大阪会場(9月11日)のプログラム


10:00~10:45
【G1】オープニングセッション
「コーポレートアップデート&DatabaseGearプロダクトオーバービュー」


(休憩)

11:00~12:00
【G2】ジェネラルセッション
「CodeGearプロダクトアップデート」
  • ベールを脱ぐDelphi/C++Builder次期バージョン"Tiburon"
  • Ruby / Ruby on Rails IDE "3rdRail"
Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋 智宏

(同時通訳)

(昼休み)

13:15~14:15
【T3】PHPテクニカルセッション
「Delphi for PHP で作るリッチコンテンツブログ」

エンバカデロ・テクノロジーズ
エヴァンジェリスト 高橋 智宏

このセッションでは、VCL for PHPに標準搭載されたコンポーネントをフル活用して、コーディング作業を可能な限り排除した、簡易ブログアプリケーションの作成手順を紹介します。

(休憩)

14:30~15:30
【T4】Delphi/C++テクニカルセッション
「Delphi 2009 / C++Builder 2009最新情報」

Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

コードネーム「Tiburon」という名称で知られていたDelphi 2009 / C++Builder 2009がいよいよ登場します。最新のIDEプラットフォーム、Delphiの新しい言語機能、 VCLの機能強化や新コンポーネントなどについて、時間の許す限り紹介します。

(同時通訳)

(休憩)

15:45~16:45
【T5】Delphiテクニカルセッション
「知って得する!現役ヘルプデスクが答えるDelphiテクニカルエッセンス3.0」

株式会社ミガロ
RAD事業部 技術支援課 顧客サポート 主任 吉原 泰介

Delphiのよくある問合せ、役に立つプログラムテクニックをDelphi/400ヘルプデスクから御紹介します。 今回はご要望の多いVCL for Webをテーマに基礎知識から開発上での問合せトピックのノウハウのフィードバックです。

(休憩)

17:00~18:00
【T6】ケーススタディ
「業務管理システム開発の実例にみる3層スタイルC/Sアプリ作成術」

有限会社シンクソフト
代表取締役 安達 直人

Delphiによるデータベース開発では、しばしばGUI(画面)とデータアクセスが混在したコードになってしまいます。弊社では、3層開発の考え方をC/Sアプリケーション開発にも取り入れ、この問題を解決しています。データベース(DBコンポーネント)に依存したコードを減らせるとともに、画面設計と実装の効率的な連携を可能にする開発手法をご紹介します。

(休憩)

18:20~19:20
【T7】Delphiトークセッション
「Delトーーク!ボクのほしいDelphi in Osaka」

Embarcadero Technologies
Delphiプロダクトマネージャー Nick Hodges

前回のDelphi座談会に続き、再びDelphiトークを開催。今回は、DelphiプロダクトマネージャーのNickを前に、皆さんがプレゼンする番です。 将来のDelphi像について、まじめにあるいはジョークを交えた5分間のプレゼンに挑戦してみませんか?

詳細はこちらの募集要項をご覧ください。

(同時通訳)


お問い合わせ

CodeGearインフォメーションサービスセンター
TEL:03-6843-0960 Email: cgsales.japan@codegear.com

関連情報



Server Response from: ETNASC03