第8回 CodeGearデベロッパーキャンプ開催 - セッション情報更新

By: Hitoshi Fujii

Abstract: 2008年2月12日に開催予定の第8回CodeGearデベロッパーキャンプ。一部セッション情報を変更させていただきました。

Hide image
8th_devcamp_logo

第8回 CodeGearデベロッパーキャンプ

来る2008年2月12日、第8回 CodeGearデベロッパーキャンプを開催します。デベロッパーキャンプは、開発者の皆様に最新の技術動向や製品動向、開発ツール製品活用のための技術情報などをお届けするイベントとして、定期的に開催しています。

今回は、Ruby、PHPなどの最新のダイナミック言語による開発や、Delphi/C++の実践的開発手法を紹介するほか、JBuilderの将来バージョンに搭載される予定の最新テクノロジー「Application Factories」を日本で初めて紹介するなど、興味深いセッション満載です。

お知らせ

当初来日を予定しておりましたRubyEclipseJava製品管理担当ディレクター Joe McGlynnは、業務上の都合により来日できなくなりました。Joe McGlynnが担当する予定でした3セッション(【G2】、【B3】、【B5】)につきましては、かわりに来日するCodeGear デベロッパーリレーションズ担当副社長 チーフエヴァンジェリスト David IntersimoneDavid Iが担当させていただきます。よろしくお願いします。

    開催概要

 8 CodeGearデベロッパーキャンプ

 主催

CodeGear(ボーランド株式会社 CodeGear事業本部)

 日時

2008年2月12日(火)10:00 – 18:00(9:30 受付開始予定)

 会場

青山ダイヤモンドホール(地図

 参加費

無料(事前登録制)


    プログラム

10:0011:00

G1オープニングセッション

CodeGearテクノロジーマップ

CodeGear マーケティングディレクター 藤井 等
CodeGear
ローカライゼーションマネージャー 新井正広(ビデオ出演予定)

CodeGear製品の各テクノロジーがどのような分野のシステム開発にマップされ、それぞれどのような開発支援を目指しているのか。現在の製品の適用分野を考察しながら、将来のロードマップに至る話題へと展開します。

詳細はこちら >>

(休 憩)

11:1512:15

G2ジェネラルセッション

Ruby開発環境『3rdRail』最新情報 CodeGearプロダクトアップデート

CodeGear デベロッパーリレーションズ担当副社長 チーフエヴァンジェリストDavid Intersimone

(同時通訳)

(昼休み)

13:3014:30

A3C++Builderテクニカルセッション

C++Builder有効活用術

CodeGear エヴァンジェリスト 高橋智宏

B3Rubyテクニカルセッション

3rdRailによるRuby / Ruby on Rails開発

CodeGear デベロッパーリレーションズ担当副社長 チーフエヴァンジェリストDavid Intersimone

このセッションでは、C++言語/C++Builderのパワーを最大限に引き出す機能を紹介します。

・STL(コンテナ、スマートポインタ)を使って安全性を高める

・C++ Big Integer Library で巨大な数値を扱う

・リンカ「DLL遅延ロードオプション」の意外な使い道

Rubyによる開発を効率化する3rdRail。このセッションでは、RubyおよびRuby on Railsの基礎を紹介し、Ruby on Railsによる開発手順を、製品の概要とともに紹介します。

(同時通訳)

(休 憩)

14:4015:40

A4Delphiテクニカルセッション

RAD Studio 2007によるWebアプリケーション実装の基本テクニック

株式会社ドリームハイブ 代表取締役 山本悟

B4Javaセッション

J2EE基幹システム開発の経験から考える! Javaはどこで道を踏み外したか?次に来るのはRubyか?

石油資源開発株式会社 情報システム部 業務システム担当課長 山田信一

CodeGear RAD Studio 2007 に搭載された Delphi 言語による ASP.NET 2.0 アプリケーション開発機能を使い、業務用 Web アプリケーションにとって必須となる CRUD 機能の実装と、一般公開する場合のデザイン適用方法の、即効性のある開発手法を紹介します。



J2EEによる基幹システム開発の経験から、現在のJava、そしてこれからの開発技術の方向性を考えます。思うに、エンタープライズシステム開発者にとっては、ビジネスルールを如何に効率よく記述し配布するかが優先されるべきで、メタデータの表現に大量のXMLを記述するのは本望ではない。かといって、現在のフレームワーク乱立期に至っては、もう一歩も前に進めまい。果たして、これまでJavaで開発してきたようなシステム開発では、どのような手法を用いればいいのかを検討します。

(休 憩)

15:5016:50

A5Delphi/C++Builderテクニカルセッション

知って得する!現役ヘルプデスクが答えるDelphiテクニカルエッセンス 2.0

株式会社ミガロ 技術支援課 顧客サポート 吉原泰介

B5Javaテクニカルセッション

JBuilderプロダクトアドレス」

CodeGear デベロッパーリレーションズ担当副社長 チーフエヴァンジェリストDavid Intersimone

Delphi/400ヘルプデスクに寄せられるDelphiに関するよくある問合せ、役に立つプログラムテクニックを御紹介致します。「DBGridのクリック簡易ソート」、「TreeViewを利用したメニュー制御」など…。
このセッションは、Delphi開発者を対象にしていますが、C++Builder開発者の方にもご利用いただけるように、双方のソースコードを紹介します。

このセッションでは、Java開発ツール「JBuilder」の将来について、そのロードマップと主要な新機能トピックを紹介します。特に、注目されるのは、乱立するOSSフレームワークをアプリケーション開発中心の考え方で上手に活用するツール「Application Factories」です。開発中の同機能について、日本で初めて紹介する予定です。

詳細はこちら >>

(同時通訳)

(休 憩)

17:0018:00

残席数僅か!A6Delphi/C++Builderテクニカルセッション

RAD Studio x DBX4によるデータベース接続

キムラデービー 代表 木村明治

B6PHPテクニカルセッション

Delphi for PHPによるフォトギャラリの作成と運用

CodeGear エヴァンジェリスト 高橋智宏

RAD Studio 2007 で新たに導入されたDBX4。ソースコード付属、Unicode対応の新ドライバであるDBX4を使ったデータベース接続について、解説いたします。

画像をアップロードできるフォトギャラリをDelphi for PHPを使って作成する手順を、サムネイルの生成方法/カスタムコンポーネントの開発/Linuxへの配布作業を通して解説します。

※ 講演内容は都合により変更させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。


    お問い合わせ

CodeGearインフォメーションサービスセンター
TEL:03-6843-0960 Email: cgsales.japan@codegear.com

    関連情報



Server Response from: ETNASC04