Borland Developer Studio 2006 アップデート2 Hotfix 12 について

By: Chikako Yonezawa

Abstract: Borland Developer Studio 2006 アップデート2 Hotfix 12 について

CodeGear のダウンロードサイトにおいて、Borland Developer Studio 2006 アップデート 2適用以降の特定の問題に対応する Hotfixが公開されております。

これらの Hotfixは 「Borland Developer Studio 2006 Registered User Updates」よりダウンロードできます。

この Hotfixは Borland Developer Studio 2006の正規ユーザの全ての版(Architect,Enterprise,Professional)の全ての言語(English,French,German,Japanese)、および、Turbo C++の全ての版(Professional,Explorer)の全ての言語(English,French,German,Japanese)に適用可能です。

インストールし、使用するためには Borland Developer Studio 2006または Turbo C++ 2006のライセンスに同意している必要があります。

この Hotfixは以下の製品に適用できます:

  • Product: Borland Developer Studio, Turbo C++
  • Version: 2006
  • Update level: Update 2
  • Editions: Professional, Enterprise, Architect, Turbo Explorer, Turbo Professional
  • Languages: English, German, French, Japanese

    この Hotfixに含まれる修正について:

この Hotfixには、プロジェクトのビルド時のコンパイラ内でのメモリリーク、および、符号付き/符号無し整数の比較時の時のコード生成の不具合のための修正が含まれています。既存の bcc32.exe と comp32x.dll を置き換えて使用してください。

メモリリークについて:

  • Quality Central Tracking Number(s): 25686
  • Internal Tracking Number(s): 239131

コード生成について

  • Quality Central Tracking Number(s): 43768
  • Internal Tracking Number(s): 243073

    BDS2006、および Turbo C++ 2006ユーザーへの適用手順について

HotFix 12 のダウンロードファイルはZIP形式で圧縮されています。ZIPを解凍するツールが必要です。

  1. 問題があった際、復旧できるよう、BDS の bin ディレクトリ (デフォルトは C:\Program Files\Borland\BDS\4.0\bin)にある既存の bcc32.exe と comp32x.dll ファイルのバックアップを作成します。
  2. ダウンロードした Hotfixの zipファイルを一時ディレクトリに解凍します。
  3. 解凍した Hotfix の bcc32.exe と comp32x.dll ファイルを BDS の binディレクトリにコピーします。その際、既存の bcc32.exe と comp32x.dll は上書きします。

Server Response from: ETNASC04