第2回デベロッパーキャンプ – 資料ダウンロード

By: Hitoshi Fujii

Abstract: 去る9月7日、盛況のうちに終了した第2回デベロッパーキャンプのプレゼンテーション資料をダウンロードいただけます。

    各セッション別資料

チュートリアルセッション#1
Enterprise Core Objectsファーストチュートリアル」

ボーランド株式会社 QAグループ 井上 勉

Borland Developer Studio 2006からは、すべてエディションにモデルドリブン開発機能ECO(Enterprise Core Objects)が搭載されました。このセッションでは、ECOを使った開発の基本を理解していただくために、その開発手順をステップバイステップで紹介します。

プレゼンテーション資料:

PDF(533KB)

関連記事:

Borland Developer Studio 2006に搭載されたモデルドリブン開発フレームワーク "ECO" の概要

ECOステートマシン



テクニカルセッション#1
JBuilder 2006 ピアツーピア開発」

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部 藤井 等

JBuilder 2006に搭載されたピアツーピア機能を使うと、遠隔地にいるふたりの開発者がプロジェクトを共有し、共同で開発やデバッグが可能になります。このセッションでは、ピアツーピア開発を行うための基本設定と操作手順を中心に、共同でソースコードやユーザーインターフェースを編集したり、デバッグ作業を実践してみます。

プレゼンテーション資料:

PDF(649KB)

関連記事:

JBuilder 2006のピアツーピア開発



チュートリアルセッション#2
Java, Delphi, C++Builderユーザのためのメモリリーク, ボトルネックの検出手順」

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部 高橋 智宏

Java, Delphi, C++のそれぞれについて、ツールによって、メモリリークやボトルネックを発見する方法を紹介します。また、Delphi 2006から採用された新しいメモリマネージャのパフォーマンス改善の仕組みを紹介し、新旧のメモリマネージャのパフォーマンスを比較するベンチマークテストを実施します。

プレゼンテーション資料:

PDF(1.1MB)

関連記事:

Borland Developer Studio 2006の新しいメモリマネージャ



テクニカルセッション#2
Delphi / C++Builderユーザーのためのオープンソースコンポーネントを使ったDBアクセス」

キムラデービー 木村 明治

ボーランド製品はその親和性の高さからInterBaseをDBとすることが多いですが、オープンソースコンポーネントを利用すれば、手軽に他データベースのクライアント開発が行えます。本セッションではDelphi, C++Builder等で利用できるDB接続コンポーネントとその使用例についてご紹介します。

プレゼンテーション資料:

PDF(269KB)

関連記事:

 なし



ジェネラルセッション
Turboブランド復活秘話など、Developer Tools Groupの展開を語る!」

ボーランド ソフトウェア コーポレーション デベロッパーリレーションズ担当副社長兼チーフエヴァンジェリスト デビッド・インターシモーネ

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部長 八重樫 行男

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部 藤井 等

ジェネラルセッションでは、DevCo(Developer Tools Group)の新しい組織について、また今後の製品展開、マーケティング展開などについて説明します。今話題の新Turboシリーズ日本語版の詳細情報もお届けする予定です。また、現在進行中のBDN日本語化について、現在の成果と今後の計画、BDN日本語サイトを活性化するためのマーケティング計画についても紹介します。

プレゼンテーション資料:

PDF(452KB)

関連記事:

Turboシリーズ日本語版を発表

Turboシリーズ - Q&A

BDN日本語版の歩き方

迷路探索アルゴリズムをJavaBeanで検証してみる



テクニカルセッション
「オープンソースを利用した3C/Sシステムの構築方法」

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部 高橋 智宏

限られた予算内であっても3層型アーキテクチャを採用しなければならないときには、オープンソースミドルウェアを用いるのもひとつの選択肢です。こうした選択をした場合でも、開発ツールを活用して効率的に開発を進めることができます。このセッションでは、オープンソースミドルウェアとRDBMSを用いて3層型のシステムをツールを活用して開発する方法を紹介します。サーバーサイドアプリケーション開発にC++Builder、JBuilderを、また、これにアクセスするクライアントアプリケーションとしてDelphi Win32とDelphi .NET、C++Builder、JBuilderを使用します。

プレゼンテーション資料:

PDF(1.7MB)

関連記事:

 なし



テクノロジープレビュー
「開発ツールのコラボレーション機能を検証する」

ボーランド株式会社 デベロッパーツールズ事業本部 藤井 等

Borland Developer Studio、JBuilderには、バージョン管理ツールや要件管理ツールの統合機能など、さまざまなコラボレーション機能が用意されています。このセッションでは、個人レベルの開発からチーム開発に至るさまざまなレベルで、こうした機能をどのように活用すれば、開発生産性を高められるかをデモを交えて紹介します。

プレゼンテーション資料:

PDF(1.1MB)

関連記事:

Borland Developer Studio 2006のTogether機能概要


    全資料一括ダウンロード

全セッション資料一括ダウンロード

プレゼンテーション資料:

ZIP(5.4MB)





Server Response from: ETNASC03